c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

hasebe1.jpg

元々、京橋川沿いの御幸橋近くにあったお店らしく
最近、中町に移転してきたそうです。2階にあるので
街なかといえど、店内は落ち着いた雰囲気。
hasebe2.jpg

カウンター7席、テーブル2卓が据えられ、決して
広くはないけど、開放感ある造り。メニューには
アラカルト数種類と日替わりの品の他に、おまかせ
料理があったので、そちらを頼んでみる。ちなみに
2日前までの予約限定で、「旬いっぱいのコース」
というのもあるようです。おまかせ料理が3000円、
旬いっぱいのコースが5000円(税抜)也。

ビールは、生(アサヒ熟撰)か瓶(ヱビス小瓶)。
日本酒は、杉勇や喜久酔、秋鹿など10種近く。
料理はまず、とうもろこし豆腐から。しっかり
固めてあるので、豆腐というより羊羹に近い食感で
とうもろこしの自然な甘みがほんのり香る。上に
飾られたアスパラやパプリカの煮浸しがさくさく
してて良いアクセント。続く野菜の焚き合わせは
大根、南瓜、椎茸、ごぼう、スイートコーン、
インゲン豆にズッキーニ。これまた素材の味を
生かすため、味付けはあっさりめで、ざくざくした
歯応え。その中でもズッキーニは柔らかめで
洋風茄子、もしくは洋風瓜といった風情。

お造り盛り合わせは、スジガツオ、サンマ、鰆、
水イカ。軽く炙ったスジガツオは、柔らかく
口の中でとろけてゆく。サンマは昆布か何かで
締めてあって、ほどよい酸味が絶妙。これだけで
お酒進みそう。この後は、鮎のオイル蒸しと
肉じゃがコロッケ。まったり甘酸っぱい焼き茄子
ソースの上に載せられた鮎は、皮パリパリ
身はほろほろ&ジューシーで旨い。コロッケは
薄く張られたダシに浸かっており、前半カリカリ
後半しっとりした味わいを楽しめる。ここで一旦
料理は終了なので、日替わりメニューから
賀茂茄子の揚げ出しを追加。高台が妙に高い器に
盛られた茄子は、身が締まっててほくほくで
穏やかな滋味深いダシと良く合う。ここまでの
印象で、素材を生かし、ダシにこだわった上品な
料理というのがこちらの店のキーワードだと感じた。

最後は、ごはんと赤出しに漬物。ごはんは釜ではなく
ジャーで炊いているものの、ふっくら甘くて美味でした。
値段の割にとても満足度の高い、良いお店。季節ごとに
変わっていくメニューを味わいに通いたくなります。

■小料理はせべ/広島市中区中町5-4-2F[18:00~23:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/984-e6d19a9b