kuro score >>> cross core !!!

クセのある店@広島

おいしい店、居心地のいい店ばかり行ってると
ある日突然、刺激が欲しくなる。
妙な店、こだわりがありすぎる店、クセの強い店…。
でも、普段行かないので、なかなかアンテナに引っかかってこない。
変わった店って言っても、おいしくないものは食べたくないしな。
とか、わがままなこと考えてたら偶然、立て続けにそういう店に
当たったよ、最近。立て続け、と言っても2店ですが…。

rodantei1.jpg

『爐談亭』
「変わった店がある」と、前々から噂にだけは聞いていたけど
たまたま見つけたので入ってみた…ら、ホントに変わってた。
戸を開けた時、一瞬逃げようかと思ったもん。

だだっ広い板間の周囲を囲むように席が配置してあって、
中央上座には作務衣姿の店主が鎮座しておられる。
で、「こっち座りなさーい」って、店主のすぐ隣の席を指される。
これはもう逃げらんね、と覚悟決めて座ったら、椅子より
板間の方が低くて、妙な感じ。食べる時、かがみ込むようになるし。
…あ、器持って、背筋伸ばして食べるべきだったんだろうか。
行儀わりい。今さら遅いか。

ここはまず週替りの一汁五菜のお膳が出されて、その後は好きなよう
に頼める。そして、このお膳が出される時、店主の口上がつく。
一品一品、丁寧に料理の説明をしてくれるんだけど、
一対一だと、ちょっと腰がひける。
味の方は「田舎料理だよ」なんて謙遜してたけど
口上に負けず劣らず丁寧な仕上げで、秋刀魚の梅煮なんか
小骨ごと難なく食べられる。あと、とろける食感の揚出し山芋
がおいしかった。

普段はあまり飲まない日本酒も、店の雰囲気と、竹酒という名前の
響きに惹かれて、頼んでみる。そしたら、50~60cmくらいの竹に
お酒が入れられていて、そこから冷やした竹の器に注いでもらう。
当然、竹の香りがただよう、ほの甘いお酒。
肴には、しめ鯖。臭みがまったくない、絶品のしめ鯖。
名物メニューらしい。うまー。

竹酒の次は、やはり焼酎。「空海」を水割りで。これもうまー。
そしてタコ串。タコのブツ切りを串に刺しただけだけど、
一つひとつがやたらでかくて、味も濃い。焼酎にぴったし。
なので、空海おかわり。
最後の締めには、いぶりがっこ。なんか秋田の名物で、
燻したたくあんらしい。まさしくそういう味なんだけど、
なんとも言えない風味があって、今まで食べた漬物系の中では
ダントツで一番。コンビニで売ってたらいいのに。

そう言えば、10月23日からの週は、店内に紅葉ぶちこむらしい。
面白そうだけど、きっと客多いよなあ。

■爐談亭/広島市中区銀山町2-23-2F[18:00~25:00]

axan.jpg

『チャテオあくさん』
「おいしいから、ぜひ行ってみなさい」と『爐談亭』(↑)
の店主にすすめられた店。その際、爐談亭の名前出して
おまかせにしなさい、と強く念を押される。

店に入ってみると、照明はかなり抑えてあり、手元だけ
スポットライトのように明るい。
実は何の店かよくわかっておらず、事前に少しネットで調べてみた
くらいだが、要は燻製とステーキの店らしい。
メインメニューはステーキのコースと燻製のコース、そして
その両方を楽しめるコース。あ、あとチーズフォンデュもあった。
値段はだいたい4000円~1万円くらい。
もちろんアラカルトでも頼めるんだけど、見当がつかないので
言われた通り、燻製のAコース(4200円)にしてみる。
店内は独特の薫りが立ちこめてて、ぼーっとしつつ真っ赤な
おしぼりでちょっと顔拭いてみたら、強烈なラベンダーの香り。
燻製のにおい消しのためなんかなあ。
飲み物は基本、ビール(ヱビスの小瓶)とワインのみ。
とりあえずビール頼むと、つきだしで「もやっけ」が出てくる。
聞き慣れない名前だから何だろ、と思ってたら、もやしのユッケ
みたいなの。ビールに合う感じ。

で、燻製が大きいお皿にどん!と登場。肉系はベーコンくらいで
他は意外に魚介系が多い。カニ、ホタテ、サンマ、小イワシ等々。
あと、なぜかブドウまで燻されてた。
まずサンマから食べてみたら、うめえ。燻製って、もっと堅くて
においの強いのをイメージしてたのに、刺身が少し締まったくらいの
堅さで、味が濃くて、薫りもほのかでちょうどいい。
ベーコンもちょっと脂が強いけど、市販のものとは別格。
歯応えがしっかりあるのに、ねっとりとろけてく。
でもやっぱ、魚とホタテが絶品だったなあ。
ちなみにワインは全然わからんので、燻製に合うやつをハーフボトルで
お願いしたら、ゲブルツっていう白ワインをすすめられた。
これがね、香りがよくておいしくて、また見事に燻製に合う。
焼酎極右派の俺でも、燻製にはワインなんだなーって納得させられた。
このセットには、他にサラダとパンがつくけど、このパンもおいしい。
こりゃ、爐談亭の店主がすすめるわけだ、と思ってようやく
その名前を出してみたら、ここのマスターと同級生だって。なんだ。
その後ちょこちょこサービスしてもらって、いろいろ話して帰った。
しめて9000円ちょっと。決して安くはないけど、内容を考えると
高くもないかな。よい店でした。次はステーキも食べてみたい。

■チャテオあくさん/広島市中区大手町1-4-26[17:30~22:30]

Comments 6

へうげもの  

はじめまして。
kuroさんはいい店をたくさん知ってますね。
他にもぜひ紹介して下さい。

  • 2006/10/10 (Tue) 19:10
  • REPLY
kuro  

はじめまして。
そう言ってもらえると嬉しいですが
そろそろネタ切れなのです。
好きなお店はだいたい載せちゃったしなあ。
あ、そう言えば今日、某店が
OPENです。行ってみるか。

へうげもの  

ご無沙汰してます。
ネタ切れと言われてましたが、なかなかどうして。
いろいろ紹介してもらってありがとうございます。
何軒か寄らせてもらっています。

  • 2006/11/29 (Wed) 17:45
  • REPLY
kuro  

こんにちは。
何軒か行かれたんですね。
よかったですか。
自分は、飲み過ぎがたたって
ネタより体力が切れそうです。
しばらく自重します。たぶん。

へうげもの  

どの店も満足して帰りますよ。
しかし、有名店から穴場店まで幅広いですねぇ。
どこから情報を仕入れるんでしょうか。
気になったらサクっと店に入ってしまうほうですか?

もうそろそろ忘年会の季節。
なかなか自分の思い通り行きたい店に
行けないのがツライですね。

  • 2006/11/30 (Thu) 18:20
  • REPLY
kuro  

どこから、と言えば半分は友人、雑誌、
ネット等からの情報で、あとの半分が
町なか徘徊中での飛び込みです。
でも大当たりするのは大概、飛び込んだ
お店の方。店の前を通る時、なんか
オーラというか、引きずり込まれるものが
あるんですよ。そういう店に出会えると
しばらく幸せです。