c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

illusionist.jpg

ジャック・タチが遺した脚本をアニメーション化。
舞台は1950年代のパリ、そしてスコットランド。都会では
ほとんど見向きもされなくなった老手品師が、ひとり
巡業の旅に出る。スコットランドの離島では、かつてのように
華々しく受け入れられるが、そこで出会った少女は彼を
本物の魔法使いと勘違いして、こっそり着いて来てしまう。
仏語と英語で言葉の通じないふたりの静かな生活が始まる。
全編通してほとんどセリフがないけど、美しい景色と
相俟って、画面が物語る内容は饒舌。冬の寒さに一見
暗く沈んだ街並み。でも、素朴な風合いの中に、センス
溢れる色彩がちりばめられており、見ているだけで
静謐で凛としてて、どこか温かさも感じる世界観に
入り込んでしまう。ストーリーは、無垢であるがゆえの
残酷さをはらむ少女に対し、誠実に淡々と彼女の願いに
応えようと奮闘する手品師の姿を描く。だが彼は決して
その関係性に飲み込まれたり、自分を見失うことはなく
つかず離れずの距離を保ち、彼女の成長を見届けた後は
すっと身を引く。おそらく、少女は自分の家族を築き、
手品師は旅を続けるのだろう。この後、もう二度と
交わることのないふたりが、街で過ごしたひととき。
一瞬であるがゆえに、ふたりにとって、とても大切な
宝石のような時間だったのだろう、きっと。あと、
とにかく手品道具のウサギがかわいかったので必見。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/969-e18ab408