c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kyotobooks11.jpg

そろそろ祇園祭も佳境に入ってくる今日この頃。
最近、京都関係(料理屋さん限定ですが)の本を
何冊か買ったので、ついでに今まで京都で飲み屋を
選ぶ際に参考にしてたものも一緒にまとめてみた。
最初に店選びに使ってたのは、あまから手帖が出している
『京都うまい店100選』。版型も小さくて持ち運びやすいし
京都の料理屋さんの基本情報が手頃に揃ってるので重宝。
ただし現在、家の中で紛失中。手頃すぎるのもまた難か。
(完全に自分が悪い)。まっぷる発行の『京都グルメ』は
一見ベタな旅行ガイドの体裁ですが、意外と情報充実。
昨年できたばかりなのに既に人気が出てるお店から始まり
遅い時間まで営業してるお店、高級店に、日常遣いのお店
まで、バランスよく配置。簡単な懐石マナーも載ってるので
いろいろ助かります。この手のガイドだと、最近出た
『京都美味ガイド』もカタログ的に眺める上で便利かな。

あと、ひとり旅の方におすすめなのが、柏井壽さんの
『おひとり京都の愉しみ』と太田和彦さん書き下ろしの
『ひとり飲む、京都』。前者は飲み屋のみならず、京都を
ひとりで観光する際のルートや心意気をコンパクトに
まとめてある。特に観光シーズンは激戦となる宿選びが
とても参考になる(広域京都って考え方とか)。
太田さんの本はもう何というか、店の情報自体は決して
多いわけではないけど、一つの店にたどりつくところから
店での立ち振る舞い、楽しみ方までが生々しい文章で
描かれており、今すぐにでも京都に行きたくなってしまう。
高いお金かけなくても、飲み方の巧い人だとこんなに
魅力的な過ごし方ができるんだなあって羨ましくなります。
何年かけても、なかなかこんな風にはなれないだろうな…。

■あまから手帖『京都うまい店100選 新装版』 クリエテ関西
■まっぷる『京都グルメ いま人気のおいしい店』 昭文社
■関谷江里『最新 京都美味ガイド』 淡交社
■柏井壽『おひとり京都の愉しみ』 光文社
■太田和彦『ひとり飲む、京都』 マガジンハウス

【今までに行ったお店@京都(五十音順)】
イノダコーヒ本店
おかきた
OKU gallery&cafe
御料理めなみ
割烹こう一
祇園大渡
gion ghost(『Dessert Bar Krepe』にリニューアル)
ぎおん阪川
祇園サンボア
祇園NITI
ぎをん フィンランディアバー
御幸町つばき
The Common One Bar Kyoto
山玄茶
じき 宮ざわ
鮨まつもと
そっ啄 つか本
大黒屋
遊形 サロン・ド・テ

太田和彦さんは、ほぼ日の「居酒屋幼稚園」で初めて知りました。
魅力的なひとですね~。
ひとりでお酒をたのしむ男の人は特にあこがれるでしょうね。

京都が好きなので、京都本のご紹介うれしいです。
好きな感じの本には、好みのお店が載っていることが多いです。

2011.07.15 19:19 URL | すみれ #- [ 編集 ]

さっきNHKで祇園祭の宵山中継やってて、京都行きたくなってました。
でも、実際行ったら暑いし人多いし、疲れるだろうなあ(笑)。
太田さんは普通に憧れますね。ああいう大人になりたかった。

2011.07.16 21:46 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/967-b9ea6820