c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kisekiwish.jpg

是枝裕和監督最新作。
両親が離婚し、兄弟は母の実家である鹿児島と
父の住む福岡で離れて暮らすことになる。
それぞれの生活が始まる中、九州新幹線が全線開通。
新しく誕生した博多から南下する「つばめ」と鹿児島から
北上する「さくら」がすれ違う瞬間、奇跡が起きる。
そんな噂を耳にした兄弟は、一つの行動を起こす。
子どもが中心の作品は『誰も知らない』以来かな。
相変わらず映像が美しく、被写体である子どもへの
愛情がひしひしと伝わってくる仕上がり。映画というより
子どもの成長の瞬間を、周囲の空気ごと切り取った
記録映像という印象さえ受ける。主演のまえだまえだ
(実の兄弟で、現役最年少漫才コンビ)は、ちょっと
腹立つくらい巧いな。ただ、オダギリジョー&
大塚寧々夫婦の子という設定は、無理があるような。
その安定感ありすぎる二人と対照的に、他の子役は
十分巧いものの、年齢相応の戸惑いや揺らぎが
感じられて好印象(笑)。物語は、彼らが現実と
向き合いながら少しずつ変化していく様を捉えつつ進行。
終盤、奇跡の瞬間を前にして兄弟が選んだ未来は…。

この作品を通して感じた、一つだけ確かなこと。
それは、「せかい」を変えることができるのは
子どもたちだということ。大げさな話じゃなく
彼らが日々いろんなものを吸収しながら生きて
成長していくことで、何かが変わる。そう感じた。
あと、くるりの主題歌がしみじみ良かったな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/958-95ce82e6