c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ごはん食べて真っ直ぐ帰るのは、なんだか勿体ない気がして
祇園界隈ではしご酒。祇園でバーといえば、まずサンボア
思いつくが、他にも良いお店があちこちに。とは言え、最近
めっきりお酒に弱くなってるので、1~2杯飲んでは転々。

gionniti1.jpg

『祇園NITI』
花見小路から一本路地に入った場所に、ひっそり佇む。
お昼はカフェとして営業され、天然氷のかき氷が名物とか。
が、夜は一転、雰囲気のあるバーに変貌する。広い
カウンターには5席ほどしか席がなく、かなりゆったり。
ただ、バーの時は席料が1000円ほどかかります。とりあえず
モヒート頼んで、しばしまったり。チャームは一口カルパッチョ
みたいな、白身魚で野菜を巻いた一品。店員さんは皆
穏やかな感じで、こちらもマイペースに過ごせる。料金は
どうしても、ややお高くなってしまうが、旅先でちょっと
贅沢な時間を過ごしたい、なんて時にはちょうどいいかも。

■祇園 日(NITI)/京都市東山区祇園町南側570-8
 [cafe/11:00~18:00、bar/19:00~26:00]
finlandiabar1.jpg

『ぎをん フィンランディアバー』
鮨まつもと』の隣に位置するショットバー。
一見、町家というかお茶屋のような雰囲気。そして
入店した時には、長い一枚板でできたカウンターが
ほぼ満席。空いてた席になんとか入り込む。いつもなら
ラムバックかボストンクーラーから頼むことが多いが
ウオッカがたくさん並んでたので、ウオッカバックを。
既に酔ってたので記憶曖昧ですが、確か生姜の香りが
してたような。締めにバラライカも追加してみたら、
思ってたより結構強くて、ふわふわしながら店を出る。

■ぎをん FINLANDIA BAR
/京都市東山区祇園町南側570-123[18:00~27:00]

common1bar1.jpg

『The Common One Bar Kyoto』
『フィンランディアバー』と同じ系列のBAR。
新橋通に小さな門を構えるが、扉をくぐって露地を進むと
そこには落ち着いた庭が広がり、その奥に茶室風の佇まいが
見える。さらに建物の中を進んでいくと、暗闇の中にきらきら
煌くバーカウンターが現れる。ちょっと狐につままれたような
気になるほど不思議な空間。で、このお店も既にほぼ満席。
ひとつ空いてた席に案内され、ここではハイボールを注文。
ウイスキーには全く詳しくないので、まろやかなやつでという
ざっくりオーダー。そしたら、カティサークで作ってくれた。
これは飲みやすかったなあ。雰囲気がとにかく良くて、本当は
ここで何杯か粘りたかったが、実は体調急下降気味だったので
やむなく一杯で引き上げることに。でも次、京都来た時は再訪必至。

■The Common One Bar Kyoto
/京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町46[17:00~25:00]

common1bar2.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/914-93552f61