c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

gionowatari1.jpg

最初の夜は、京都在住の方に教えていただいたお店へ。
一昨年オープンしたばかりと、まだ新しいようですが
既にかなり人気になってるみたい。すごいことに
現在、大将ひとりだけで料理も接客もされてます。
お店は一軒家を丸ごと使った造り。庭の見える廊下を渡って
カウンター席のある部屋へ入る。この時点で、気分はもう
盛り上がってくる。8席のみのカウンターには、目に鮮やかな
朱色の折敷が整然と配置。まずは、ビール。サントリーか
キリンという珍しい二択で、サントリーをお願いすると
プレミアム・モルツ。そして一品目は、寒い日にぴったりな
かぶら蒸しから。表面にかけられたカラスミ塩が、優しい
味わいにほのかなアクセント。器の底には焼いた餅も入ってて
お腹からあたたまる。続いて、赤貝とぬた和え。大ぶりの
赤貝は肉厚で歯応えさっくり。ひんやり冷えたねぎも
しゃっきしゃきで旨い。続く、一寸豆の翡翠煮は素朴な
豆の味が引き立つ。鯖寿司は、軽く炙った海苔で挟んで。
海苔のパリパリ感と、しっとり鯖寿司が絶妙に合う。
そして、琵琶湖産もろこの白焼き。これがシンプルながら
素材本来の旨み、口に入れた時のほっこりとした食感
などなどがダイレクトに伝わってきて、見た目地味なのに
鮮烈に旨い。ここでビールから即、冷酒へ移る。

お椀物は、カニしんじょ。木の芽の香りがふわっと立ち上り
しんじょの中にはカニみそまで。ブリのお造りは、昆布締め
された山芋とともに。脂ののったブリと、まったりした山芋
とろろの組み合わせは言うまでもなく相性抜群。のれそれと
春野菜の卵とじは熱々で提供。甘鯛のお頭焼きは表面パリっと
中身しっとり。お酒進む進む。料理の最後は伊勢海老の酒粕炊き。
むちっとした海老がまろやかに味付けされ、ごはんに合いそう。
というところで、ごはん登場。おくどで炊かれたごはんは、
やや柔らかめで、お漬物やちりめん山椒とともに食べると
一層甘みが際立つ。最後の最後は、わらび餅と薄茶。
大ぶりのわらび餅は、少し『遊形』のものと似てた。

全体的には、旬の食材をシンプルに、抑制をきかせて仕上げた
という印象。派手派手しさはないけど、食材にじっくり
向き合ったからこそ生まれる料理の数々。それをまだまだ若い
大将が作られてることに、驚きと尊敬の念を抱きました。

■祇園大渡/京都市東山区祇園町南側570-265[18:00~21:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/912-7a6773a6