c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tokyodomedvd.jpg

結成10周年、メジャーデビュー5周年記念として
昨年11月に行われた、Perfume初の東京ドームLIVE
DVDで登場。初回限定盤は、特典映像付の2枚組。
あらためて見ても、ドームでっけえ!
一番奥の最上部から全景を捉えた映像なんか、
オリンピックの開会式とかと変わんないんじゃないの
っていうくらいの規模。そんな空間を、たった三人が
支配してることに、さらに圧倒される。で、今回の
ライブは、最初っから爆発的なオープニングを
仕込んできたこれまでのものと違って、抑制された
荘厳な雰囲気で始まるのが特徴。一曲二曲とじわじわ
盛り上げていって「GAME」でまず一発ぶち上げ、
「ワンルーム・ディスコ」のイントロが鳴り響く中
“東京ドーーーム!”の雄叫びで、一気にライブの渦中へと
叩き落とされる。が、この後いったんMCでクールダウン
させられるのが、彼女たちの「らしさ」。盛り上げたり、
和ませたり、笑ったり、泣いたり。その一挙手一投足で
見ている側は、心と身体を自在に揺さぶられていく。

今回初披露の「575」(珍しくダンスがない!)を挟んで
中盤の「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10」→「Perfumeの掟」の
流れは、本ライブの白眉。不穏な空気を湛えて地の底から
響くように始まり、次々と浮かんでは消える映像&音響&
パフォーマンスの波にひたすら流されるのが心地いい。
その後は比較的定番の曲が続くが、観客の海が広がる
ドームで見ると、いつもと違って見えて新鮮。観客
そのものが舞台装置って、MIKIKO先生が言われてた
気がするけど、つくづく実感。あとは、とにかく
三人が無茶苦茶楽しそうなのが印象的でした。

初回限定盤のDISC2は、マルチアングルにマルチ画面、
三人個別映像と盛りだくさん。特に、Perfumeの
三大要素と勝手に思ってる「かわいさ」と「かっこよさ」、
「ゆるさ」をそれぞれ体現した後半三部作は、その
世界観にどっぷり浸れる出来映え。必見。
あと、限定受注生産のドーム写真集も、大判サイズを
活かした圧倒的な臨場感。写真なのに、見てると当日の
熱気や音が伝わってきそうなほど。一転、座談会記事は和む。
DVDにしろ、写真集にしろ、東京ドームという場の公演が
他とは違った特別な祝祭空間だったことをあらためて
思い起こさせてくれる、良い媒介装置になっていると感じた。

Perfume LIVE @東京ドーム『1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11』
<DISC 1>
01. GISHIKI
02. シークレットシークレット
03. 不自然なガール
04. GAME
05. ワンルーム・ディスコ
06. ナチュラルに恋して
07. love the world
08. I still love U
09. 575
10. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11. Perfumeの掟
12. VOICE
13. コンピューターシティ
14. エレクトロ・ワールド
15. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
16. Dream Fighter
17. 「P.T.A.」のコーナー
18. ジェニーはご機嫌ななめ
19. コンピュータードライビング(Intro)~Perfume
20. チョコレイト・ディスコ
21. Puppy love
22. wonder2
[ENCORE]
23. ねぇ
24. ポリリズム

<DISC 2>
01. Perfumeの掟 -マルチアングル-
02. ねぇ -マルチ画面-
03. Perfume -あ~ちゃんVer.-
04. Perfume -かしゆかVer.-
05. Perfume -のっちVer.-
06. 575 -東京ドーム Special Video Clip-
07. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 -東京ドーム Original Ver.-
08. 鳩(主音声/副音声)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/906-fb5827eb