c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

skbmaeken1.jpg

曽我部恵一と前野健太によるアコースティック・ツアー
@横川シネマに行ってきた。横川シネマで曽我部さんの
ライブ見るのは、ランデヴーコンサート以来か。
このツアーはタイトル通り、全国7カ所を一週間でまわり
二人とも毎夜一曲ずつ新曲を制作&披露するというもの。
入場してまずドリンク交換で、この日だけ特別に用意された
びわ茶を使った焼酎のびわ茶割り。あったかくて、ほんのり
甘くていい感じ。手作りおでんまで売ってたけど、食べたら
眠くなりそうだったのでスルー。焼酎片手に待ってると、
曽我部さん登場。初日の福岡では、前野→曽我部の順
だったそうだが、日替わりで出番は入れ替えるとのこと。

一曲目は懐かしの「ギター」からスタート。アコースティック
なので、いつも以上に優しく繊細に歌い始める。続けて
新譜『けいちゃん』から「パリへ行ったことがあるかい?」や
新曲「普通の女の子」、サニーデイの名曲「スロウライダー」。
会場の薄暗くぽつんとした舞台と相俟って、どこか夜咄の
ような雰囲気。そして早速、このツアーのための新曲披露。
会場が映画館であることに合わせて作られた曲のタイトルは
「シネマ・センチメント」。静かに始まり、冬らしい切なさ、
さみしさを備えつつ、ふわっと包み込む優しさも見せる。
この後「おとなになんかならないで」で、さらに消え入りそうな
くらい抑えに抑えてから「抱きしめられたい」で一気に爆発。
まるで反動のように、そこからフルボリュームでテンション
上げていく。もはや定番の「シモーヌ」、「テレフォン・ラブ」、
「キラキラ!」、「青春狂走曲」! 映画館だからみんな着席して
聴いてたんだけど、この時ばかりは立ち上がりたかったなー。
最後は再び「ふたつのハート」、「愛のかけら」でゆったりと進み
「おかえり」で締め。心に染み入るスロウでメロウな展開でした。

少し休憩をはさんで、前野さん登場。正直、初めて聴くので
どんな感じなのかちょっとドキドキ。そしたら、一曲目から
声裏返って(しかも「いいちこ」っていう歌詞で)一気に会場和む。
わざとか天然なのか。歌もどちらかというと、気持ちを前面に出して
突っ走るタイプのように感じた。ただ、勢いだけじゃなく、独特の
テンポ・空気感があって全体で見ると不思議な風情。曲は歌い上げ系の
ものが結構多かったが、個人的には抑え気味で歌ってる曲の方が好き。
そういう意味で、観客のリクエストで歌ってくれた「love」っていう
曲が良かった。あと、今ツアー用の新曲「お好みの女の子」も、かなり
ツボ。広島なのでお好み村を(少しだけ)舞台にしてて、たどたどしく
始まるも、意外とかわいらしい仕上がりの佳曲。最後も、観客から
リクエストあるか聞いておきながら、結局聞き流して(笑)
「天気予報」で終了。この曲は、どこかで聴いたことある気がする。

アンコールでは、前野さんが一曲演った後、曽我部さん再登場し
二人で作った新曲「一週間の夢」を演奏。二人の共作ということ
だったが、どちらかというと曽我部さんっぽい曲。でも、歌ってる
部分は前野さんのが多かったので、良いバランスだった。計3時間弱。
今までの曽我部さんのどのライブとも異なる雰囲気で楽しかった。
前野さんも、なんだか面白い人だったし。唯一の心残りは、新譜から
「サマー・シンフォニー」と「線香花火」聴けなかったこと。さすがに
季節に合わないからなあ。また別のライブで聴けることを期待。

<曽我部恵一と前野健太の一週間>
[1/11 tue.]open18:00/start19:00
@横川シネマ/広島市西区横川町3-1-12

skbmaeken2.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/897-63391723