c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comic2010.jpg

漫画は毎年本当に悩む。
『進撃の巨人』も面白かったし、そろそろ『からん』も
入れたかったし、『ヒストリエ』の新刊も出てるし…。
でも、悩めるくらい次々新しい作品が生まれてる状況は幸せだ。
なので、その芽を摘み取りかねない蛮行には断固反対します。

1位:三宅乱丈『ペット リマスター・エディション』1~5巻
数年前に発表された作品の再編集版。とことん異常で
緊迫感に満ちた世界観を、漫画でしか表せない手法で創出。
あらためて一気通読してみても、ここ十年くらいの漫画作品の
中で圧倒的にスリリング。難解にも思える未知の世界を発想し
作り込み、かつ面白く見せるということの凄さにただ平伏す。

2位:沙村広明『ハルシオン・ランチ』1巻
完全に不意打ち。久しぶりに漫画読んでてお腹よじれた。
時事ネタも多いから数年後にはアレかもしれないが
だからこそ、今読んどくべきだし押しとくべきなんだ。
中身も意味も何にもなくって、くだらなくてバカバカしくて
ただ笑えるだけって、なんて贅沢で最高なんだろう。

3位:福満しげゆき『生活』【完全版】
自虐的にエッセイ漫画家を名乗っている福満先生の長編作。
何気ない日常からじわじわとズレていく白昼夢のような展開。
作者が普段恐れているモノが、包み隠さず曝け出される。
これ読むと、あらためてストーリーテラーとしての才能も
感じられるから、がんばって発表の場を築いてほしいと思う。

4位:豊田徹也『珈琲時間
やっぱり、この作者の描く空気感が好き。ゆるくて
ダウナーな感じなのに、投げやりではなくて、どこか誠実。
突き放した視線のようでいて、しっかり手は握っている感覚。
自立した大人たちによる、つかず離れずの距離感が心地いい。

5位:五十嵐大介『SARU』上・下
五十嵐先生が一気に風呂敷広げて畳んで見せた描き下ろし作。
描き下ろしの勢いを利用し、いつも以上にダイナミックに
話は動く。その一方で、相変わらず細かい造形が素晴らしい。
ザビエルを守る天使の、のっぺりとした違和感とかたまらない。
想像力が画力に直結した稀有な才能だと、つくづく感じる。
6位:堀尾省太『刻刻』3巻
こちらは何気ない日常が一気に反転するピンポイントSF。
設定はぶっ飛んでるのに、登場人物が地に足着きすぎてて
妙な生々しさがある。特に主人公側が、能力除けば本当に
普通というか、むしろ負け組なのが今風なのかな。

7位:今井哲也『ハックス!』4巻
4巻で無事完結。地味に見えて、実は一話目からリーダビリティ
高く、するする話に入り込めた。この感じ何かに似てるなと
思ったら『反町くんには彼女がいない』だ。ストーリー以上に
普通で不思議なキャラクターの魅力に惹きつけられるとこも似てる。

8位:三宅乱丈『イムリ』7巻
8巻まで出てますが、新章突入して切りのいい7巻の方を。
世界の謎、自分の謎を知って絶望の淵に立ってなお、新たな
絶望が次々に待ち受ける。昨日の味方も敵。ひたすら敵、
敵だらけの中、主人公に仲間は、未来は見つかるのか。

9位:石川雅之『純潔のマリア』1巻
もやしもん』の作者がイキイキと描き込みまくる
魔女っ子成長譚。まだ始まったばかりで一見穏やかに
進むが、テーマ的にヘヴィ展開に化けそうな気も。

10位:西原理恵子『毎日かあさん6 うろうろドサ編
最近のサイバラ先生のメディアミックス展開にはまったく
ついて行けてませんが、これは安定して面白い。あと
『酔いがさめたら、うちに帰ろう』の映画版だけは気になる。

2009年版ベスト10
2008年版ベスト10
2007年版ベスト10
2006年版ベスト10












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/886-1da03c31