c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

virginkiller.jpg

凛として時雨 TOUR 2010@広島クラブクアトロに
行ってきた。1月のツアーに続いて、今年二回目。
よりによってミイラズと同日だったので、直前まで悩みに
悩んだ末、ミイラズはもうすぐ新アルバムが出るから
すぐツアーやってくれるはず、と期待して時雨へ。
ライブ前にピエールによる影アナからスタート。
前回のツアーではやってなかったと思うけど
初っ端からミイラズやらAKBをネタに、やりたい放題。
そんなゆるめの空気も、ライブが始まれば一変。
一曲目の「I was music」から息つく暇なく一気呵成に
進行。どの曲も一曲の中で転調を繰り返すので、うねる
音の波に流されまくる感覚。中盤の「JPOP Xfile」、
「Telecastic fake show」、「nakano kill you」の
展開はもはや定番だが、やはり爆発的な盛り上がり。
一転、「this is is this?」は厳かに始まり、繊細かつ
丁寧に曲が奏でられる。個人的には、この日の白眉。

この後も新曲が続き(「eF」ではピエールギターも
見られた)中野ワンマンショーへ。一言で言うと
詰め込みすぎ(笑)。いつものランランルーから
某テクノポップユニットのカレーコール&レスポンス
ドームに続いて、たまねぎチームでした)、氷川きよし、
もみじ饅頭、Xジャンプ…。正直、覚えきれん。ただ
下ネタがほとんどなかったけど、封印中なんだろうか。
散々横道に逸れた後はドラムソロで口直しして、後半へ。

今回感じたのは、演奏は言うまでもないが照明が半端
ない感じだったこと。クールでメタリックな世界観を
照明が主体的に作りこみにいってた気がする。特に陰影が
くっきり映えるドラムセットを見てると、なぜか工場に
萌える人たちの気持ちが分かった。自分でも意味不明だが。
最後は345さんの物販紹介を挟み、またもや「傍観」で終了。
が、前回と同じ曲なのに、なんて言うかまったく異なる印象。
すべてを振り絞るような声、演奏。鬼気迫るような、でも
どこかそのまま溶けて消えてしまいそうな切ない余韻を
残しつつ去っていった。心底、唯一無二のバンドだと実感。

<凛として時雨 TOUR 2010“VIRGIN KILLER”>
[11/21 sun.]open17:00/start18:00
@広島クラブクアトロ/広島市中区本通10-1広島パルコ本館10F












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/879-cd3aa475