c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics1005.jpg

もう6月になっちゃったけど、5月に出た新刊のまとめ。
今月はいつも以上に濃いめのラインナップ。長らく
新刊が出るのを待ち望んでた一冊から、まさか続きが
出るとは思ってなかったものまで含め全部で5冊。
■岩明均『ヒストリエ』6巻 講談社
いよいよ、アレクサンドロスが前面に登場。
一見、穏やかで心優しい彼が見せる不穏な空気感。
まだまだその人物像の全貌は見えないが、世界史の
中でも特に名の知れた彼が一体どう描かれるのか。
しかも主人公は別にいる訳だし、いろいろ期待大。
あと、連載が始まって既に7年経つが、まだまだ
序盤だと思うと気が遠くなるような、楽しみが
いつまでも続くようなアンビバレンツな感覚。

■今井哲也『ハックス!』4巻 講談社
最終巻! みわちゃんとのエピソードで初っ端から泣く。
友だちっていいよねって、友達がいない俺でも素直に
思える、思春期ならではの真っ直ぐで強い想い。
そして、文化祭に向け一気に突っ走る。地味で
メンドくさい障害がこれでもかって襲ってくるけど
若さと熱意と「楽しむ」って気持ちで爆走するんだ。
文化系漫画でこれだけワクワクどきどきハラハラ
させられた作品も久しぶり。次作も楽しみに待ってます。

■とよ田みのる『友達100人できるかな』3巻 講談社
正直、とよ田先生をあなどっておりました。
友達100人っつっても、そのうちざっくり展開で一気に
友達増えたり、ルールが改変になったりするんじゃね
とか、汚い大人目線で見てて申し訳なかったです。
実際には、本当に地道に一話で一人ずつ友達をつくって
いく展開。しかも、一人ひとりのエピソードを丹念に
描いており、ベタながらグッときたり。ええ話や。

■中村光『聖☆おにいさん』5巻 講談社
巻数を重ねるにつれ、どんどん罰当たりな感じに
なってる聖人漫画も5巻め。ネタもどんどんマニアックに
なってきてるが、元ネタが分からなくても十分面白い。
新キャラも続々出てくるし、いちいちキャラ立ってるけど
やっぱりマーラさんの不憫さに勝てる者なし。あ、でも
出番が1ページだけなのに、存在感強いユダも気になる。

■福満しげゆき『生活』【完全版】 講談社
青林工藝舎から1巻だけ出てた『生活』が完全版として
講談社より発売。また裏取引というか、執拗な攻防が
あったんだろうなあ(笑)。ボリューム的には全部で
2冊分ほど。つまり、丸々1巻分は書き下ろし。そして
これが予想以上に面白く、かつ綺麗にまとまってる。
後半部もガンガン展開するんだけど、主役のふたりは
ほとんど成長してないのが、この作者らしいというか
個人的にはすごく親近感を覚える。エッセイ系もいいけど
ストーリー物ももっと描ける場があったらいいのにね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/813-69082c58