c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

district9.jpg

1982年、南アフリカ・ヨハネスブルグ。
突然、飛来した巨大な宇宙船はそのまま上空に停留。
何も動きがない宇宙船に業を煮やした政府は、偵察隊を
派遣。彼らが宇宙船の中で発見したのは、衰弱しきった
大人数の宇宙人たちだった。それから28年後…。
ストーリーは、彼ら宇宙人を難民として地上に受け入れる
ところから始まる。タイトルの「第9地区」とは、彼ら
宇宙難民を収容するキャンプ地名。ここが人間の都市に
近くて衝突が起きやすいから、郊外に強制移住させよう
とするが、そこには別の目的が…。映画を見る前に、この
簡単な筋書きだけ聞いた時は、なんとなく漫画の『レベルE』
とか、『ベントラーベントラー』みたいな日常エイリアンもの
を想定してたが、いざ見てみたら、報道風映像に始まり
最終的にはシリアスなアクションに展開。その背景には
人種差別やら軍事企業といった社会派な要素もあるけれど
それ以上に、単純に楽しめる娯楽作としての強さがある。
さらに、今まで見たことない「なんじゃ、これ」感があるのも
個人的にはプラス要素。好き嫌い分かれそうな気もするが。
あと、ラストシーンのなんとも言えない奇妙な切なさは胸に来る。

ちなみに、異人種側について人間と戦うという点で
アバター』と比較されることもあるようですが
個人的にはなぜか、一見全然似てない『ミラクル7号』を
思い出した。スラム化した第9地区の景色のせいか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/785-ed9e4274

『第9地区』お薦め映画
独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。

2010.04.13 23:25 | 心をこめて作曲します♪