kuro score >>> cross core !!!

『純潔のマリア』1巻

jmaria1.jpg

もやしもん』の石川雅之による最新作。
舞台は、百年戦争下のフランス。村のはずれの森に魔女が
いた。見た目はまだ子どもっぽいが、圧倒的な力を持つ
彼女は、大嫌いな戦争をあの手この手で妨害し続けていた。

ジャンヌ・ダルクの名前が出てくることから、おそらく15世紀頃
と思われる時代を背景に、魔女狩りが行われる閉塞的な村と
命のやりとりが行われているはずなのに、どこか牧歌的な戦地の
描写が交互に紡ぎだされる。もともと人物の絵柄が硬質な感じなので
『もやしもん』の舞台の現代日本よりも、今作の方が背景にぴったり
馴染んでいる気がする。ストーリーは、魔女に加えて天使やドラゴン、
ゴーレムまで出てくるくらいだから、がっつりファンタジーになるが
背景や小物の書き込みがかなり緻密なので、妙なリアリティをもって
眼前に迫る。1巻にして話はぐっと動き出しているものの、掲載誌が
隔月刊なので、次巻はいつになるやら分からないのが唯一難点。
ちなみに、主人公の使い魔アルテミスのぬいぐるみ付限定版あり。

■石川雅之『純潔のマリア』1巻 講談社

Comments 0