c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sangencha1.jpg

京都でお昼ごはん。
実は今回も、昨年予約が取れなかった『草喰なかひがし』と
『祇園さゝ木』に電話してみた訳ですが、あえなく敗退。
一カ月前から予約開始とは聞いてたけど、さゝ木は朝の9時、
なかひがしに至っては、前月1日の朝8時から受付だったようで…。
のん気に昼ごろかけてたよ。観光シーズンの週末なんだから
激戦なのは、ちょっと考えりゃ分かりそうなもんなのに>俺。
しかも両店とも『ミシュラン』に掲載された模様。もう予約取るの
不可能な気がしてきた。そんなこんなで、移転前のさゝ木が
あった場所で現在営業されている、こちらの店に行ってきました。
カウンターに10席ちょいの店内には、お香の香りが
漂っていて、京都に来た感が高まる。ビールを頼んだ後は
コース料理へ。お昼は3種類ほどある中から、一番安い
5500円のコース。まずは、百合根と海老の冷製茶碗蒸し。
上にはでっかいナメコとウニがのっており、一品目から
さわやか。続いて土瓶蒸し。帆立の真蒸に生麩、百合根、
ボタンハモ、そして松茸がどっさり。具だくさんだが
シンプルな味わい。見た目がよく似た真蒸と生麩は
食感が正反対で、しっとり&もっちり。お造りは帆立の
生揚げ、ヨコワカツオのタタキ、クリームチーズをレタス
とともに挟んだ鯛の3種。すべて醤油ではなく、ちり酢で
いただく。特に、さっと素揚げして冷水にくぐらせた
帆立の生揚げが、しゃくしゃくして旨い。脂ののった鰆は
柚庵焼きで、蓮根のキンピラを添えて。これはお酒すすむ。

そして八寸は、鱧とアピオスの天ぷら、もずく、鯖寿司、
引き上げ湯葉の松茸のせ、玉子焼き(海苔巻き)、枝豆、
落花生、鮎、タコと大根のたいたんなど。器の中で一品一品
綺麗に飾り付けられており、目に鮮やか。ちなみにアピオスは
ちっちゃい芋みたいな野菜で、大将曰く芋と栗の中間みたいな味。
炊き合わせは、揚げた太刀魚と新潟の車麩、舞茸のあんかけ。
これもそれぞれ歯触りが異なり、さっくりむっちりつるんとした
違いを楽しめる。締めのごはんは、大将の実家・滋賀県日野町の
キヌヒカリ新米。まずはそのままで一口いただき、次に塩を
ひと振り、続いて梅干をひとかけら、最後は鯛のぼんぼりを
かけてかき込む。シンプルな米の甘みがいろんな味付けで
より際立っていく。一見、鮭フレークみたいなぼんぼりは
もっとふんわりしてて上品。これをのせた上で、さらに
お茶漬けにもしてもらえる。おかわりしたお茶漬けと赤だしを
平らげたところでお腹いっぱい。最後の最後、デザートは
洋梨のコンポート・レモンシャーベット添えと、アイス&
小豆最中。この最中が、上品な甘みで好みの味でした。

料理は全体的に淡い味付けで、どんどん食べられるけど
品数が十分あるので、気づけば満腹に。一番安いとはいえ
昼間から5500円は個人的に高いかなと思ってましたが、
とても満足できる内容でした。高いコースは、質とともに
量も増えそうなので、このコースがほどよい気がします。

■山玄茶/京都市東山区祇園町北側347-96
 [12:00~14:30、18:00~21:30]

giwon0902.jpg

kuroさん、ありがとう♪
お料理の写真がなくても、kuroさんの丁寧な説明で、十分内容が伝わります。
「山玄茶」さんに行かれたのですね。あの路地裏のあたりは、気になるお店がいっぱいで…。
「山玄茶」さん、良さそうですね。行ってみたくなりました。
で、晩御飯は?(笑)

2009.10.15 12:05 URL | あおい #XtwHYL/s [ 編集 ]

うへ(笑)。
明日まで待って♪

2009.10.15 14:06 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/704-86f78102