c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

motizkiss.jpg

『もち月』っていう、おいしいお寿司屋さんがあると以前
聞いた時「それ、蕎麦屋さんだろう」と頑なに思い込んでた
訳ですが、勘違いしてたのは自分の方でした。ちゃんと
ありました『もち月寿司』。もう20年以上営業されている
老舗でしたよ。ちなみに、勘違いしていた蕎麦屋さんは、
まったく別の名前(『ふくべ三』)になってた。
店内は、カウンターが8席。なぜか照明がかなり明るく、
個人的にはもう少し抑えめの方が好きだが、ネタケース内に
整然と並べられたネタが美しく見えて、案外良いかも。まずは
ビールとお造りをお願いする。キリンとアサヒから選べて、
キリンはクラシックラガー。アサヒは頼んでないので不明。
最初は、つき出し代わりに出汁巻き玉子。焼きたて熱々で
箸で切ると出汁があふれてくるほどジューシー。お造りは
鯛、トリ貝、シメ鯖、赤身。鯛は弾力ありつつスッキリとした
味わい。トリ貝はふわふわ、赤身は濃厚、シメ鯖も脂がのってて
どのネタもちょうどよい旨さ。そして、醤油以外に土佐酢も
出てきて、添えてあるミョウガや昆布はこれにつけて食べる。
柔らかくてまろやかな酢で、トリ貝や追加で頼んだ夜鳴き貝
などの貝類はこれで食べてもおいしい。もう一つ追加で頼んだ
煮ハマグリは、タレがかけてあり、山椒が効いてて酒が進むので
日本酒へ。冷酒はゴールド賀茂鶴オンリー。さらにぷちぷちの
子持ち昆布や、もさもさしたタコの子をつまんでから、握りへ。

鯛、ナカズミ、ヅケ、イカ(ウニのせ)、トリ貝炙り、トロ、
ミル貝、煮穴子、イカ(ミミ)、シメ鯖、ウニ、穴子炙り、
ネギトロ巻き。追加で海老、ハマグリ、イクラ、芽ネギ。
鯛は塩であっさりと、コハダが出世したナカズミはタレで、
トリ貝炙りはほんのりゴマが振ってあったりと、どれも
きちんと仕事が施された江戸前仕様。全体的に小ぶりで
バランスのよいお鮨は、イカやミル貝のコリコリした感触と
ヅケやトリ貝、穴子のふわっとした感触が交互にやってきて
食べてて楽しい。ハマグリも、ツマミの時の山椒とは変えて
柚子の香りが爽やかに香る。最後にあったかいお茶を飲んで
満ち足りた気持ちで店を出る。とてもおいしくて満足度の高い
お店でしたが、値段はそれなりにするので、気軽には通えない
感じかな。財布に余裕ができれば、また訪れたいです。

■もち月寿司/広島市中区河原町15-20[11:30~14:30、17:30~20:30]

はじめまして。
基本的に握りと手巻きだけなのに単調さは無縁,一貫一貫が完成品で感動できるって感じですよね。
マスコミには出ないですし,ネット情報も少ないですけど,個人的には広島一の鮨店だと勝手に思っています。

2009.09.30 16:00 URL | ぷらいどん #- [ 編集 ]

はじめまして。
おー、広島一ですか。確かにネタは美しいし、シャリもほどよく
正統派!って感じでした。ただ気になるのは、大将以外は
女将さんしかおられなかったこと。お弟子さんとかいないのかなあ。
一代で終わるのは、もったいないですよね。

2009.09.30 23:09 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/699-d9ce971a