c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics0909.jpg

最近出た作品から3本。
すべてアフタヌーン系で、連載が始まったばかりのものと
短編集。どれも方向性は違うものの、濃いのばっかり。
時間かけて、のんびり読みました。
■弐瓶勉『シドニアの騎士』1巻 講談社
『BLAME!』の弐瓶勉最新作。妙な短編を挟んだせいか、
以前に比べると絵柄はマイルドに、キャラクターも人間味が
出てきた。が、外敵・奇居子(ガウナ)に関しては相変わらず
意思疎通不能の異形っぷり。話は始まったばかりだが、既に
かなりおもしろくなりそうな予感。

■沙村広明『シスタージェネレーター』講談社
『無限の住人』作者による短編集。連作含む7編収録。
QJでやってた、行き当たりばったりゆるぐだ連作
「制服は脱げない」も入ってる。たまには、こーゆー
ゆるいのも良いね。「ブリギットの晩餐」は、最初ヘヴィな
鬱展開を匂わせつつ、案外読後は明るい。決してハッピーエンド
ではないけれど。で、雑誌掲載時から好きだった「エメラルド」。
意外に西部劇もいけるんだね。普通にかっけー。

■とよ田みのる『友達100人できるかな』1巻 講談社
地球制圧にきた宇宙人に、過去(80年代)の並行世界に飛ばされ
友達100人つくることに。それができなきゃ人類滅亡。という
無茶な設定。作者本人が言ってるように、一話で一人友達できても
最低8年かかるという。走り出した以上、がんばれとしか言えないっす。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/698-9362864c