kuro score >>> cross core !!!

もやしもん8巻【親子で楽しむ】

moyasimon08.jpg

キリンとサントリーが経営統合に向けて動き出すなど
本格的な地殻変動が始まり出したビール業界。偶然にも
それと呼応するように、もやしもん最新刊はビール編。
限定版表紙もビールカラー。いつも通り、菌たちによる
微に入り細にわたるビールの歴史・概観が語られた後、
本編へ。地ビールの存在意義への疑問を起点に、選べる
ことの豊かさを経由して、ビールそのものが備える楽しさ
へと至る。それを具現化した「オクトーバーフェスト」は
実際に日本でもこういう企画やればいいのに(どっかの
地方では既にやってるのかもしれないが)と、ドキドキ
して読みながらも、詳細に描かれた数ある地ビールの中に
「三次ベッケンビール」を見つけて若干凹む。この7月に
休業しちゃったからなあ…。現実世界の地ビールの現状は、
思った以上にまだまだ厳しいみたい。
限定版に付いてた絵本「オリゼーのおしごと」は、タイトル
そのままの内容。きわめてシンプルな出来で、最後は勢いで
押し切りました。ちなみに、「つづく」そうです。

あと、『もっけ』の最終巻も出てた。この世ならざるモノが
視える姉妹が主人公で、かわいい絵柄に反して容赦ない展開
(時々グロ)という、なかなか腹黒い作品でした。出てくる
物の怪について、かなり綿密に調べた上で日常に馴染ませて
描いてたのが特徴的。最後は、一見しっかり者だけど不安定な
姉の成長への一歩を丁寧に描く一方、頼りなかった妹は
いつの間にやら(今までの巻でいろいろあったが)しっかり
地に足着いてて、穏やかに大団円。まあ結局は、じーさんが
格好よかったという結論に落ち着いたり落ち着かなかったり。

■石川雅之『もやしもん』8巻 講談社
■熊倉隆敏『もっけ』9巻 講談社

Comments 0