c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

hozuki2.jpg

この前、『田心』で教えてもらった餃子のお店。
と言っても、外観も店内も洋風で、一見餃子屋さんには
見えない。カウンター7席、大小のテーブルが5~6卓ある
店内は白が基調で、結構広々とした空間。
メニューは、先頭に「ほおずき餃子」が載っているものの
それ以外はすべて餃子と関係なし。餃子専門店と言うより
餃子も食べられる居酒屋さんという感じ。もずく酢やざる豆腐、
骨付リブ、地鶏もも炭火焼といったレギュラーメニュー以外に
月替わりや日替わりのメニューあり。その日替わりの中から
水茄子とオクラのみぞれ和えとお刺身、あとレギュラーから
エリンギの焼きびたしを注文。生ビールは、アサヒの熟撰と
ヱビスの黒生から選べる。みぞれ和えは、ダシがかかってて
やや濃いめの味付けだが、さっぱり。お刺身は、ごまサンマに
キングサーモンの炙り、帆立ウニ軍艦の3種。ごまとネギと
ショウガ醤油で和えられた、ごまサンマも味が濃くて酒に合う。
サーモンは身が厚く、表面香ばしく、中身しっとり。軍艦は
見た目ウニが目立つが、一口で食べると、中でくるまってる
帆立のボリューム感が迫ってくる。エリンギは、かなり大ぶり
サイズだが、こちらはあっさりめの味。料理に合わせてお酒も
次々追加。生→黒生と進んだ後、焼酎。メニュー上は日本酒が
8種、焼酎が12種ほど。あとは、ワインや梅酒など。

「杜谷」の水割りを頼んで、次は「バインセオ」。なんか
ベトナム風のお好み焼きみたいなものらしい。海老と豚肉が
化石のようにバリバリの皮に埋め込まれており、その皮で
もやしをサンド。さらにサニーレタス、シソ、ミントでそれを
包み、細切り人参が浸ったニュクマムで味付けしてかぶりつく。
薄くて、食感バリバリの生地と、もやしのシャキシャキ感、
ミントやニュクマムの香りが渾然一体となり、たちまち異国感。
サイズは大きいけど、その食感といい、味付けといい、とにかく
食べやすくて、あっという間に食べてしまう。これだけで
ファストフードの店とか出せそうだけど、残念ながらレギュラー
じゃなく日替わりメニューです。で、最後に餃子と銀シャリ。

鉄鍋で提供される餃子は、一人前7個(450円)。味付けは、
酢醤油と甘酢、塩が基本。ここに一味やニンニクオイルを好みで
入れたり、薬味のネギ(50円)をかけて食べたり。餃子は一個が
かなり小ぶりで、一人前だと物足りないくらいなので、2~3人前が
適量かも。もっちりした皮は表面がバリッとしてて、中身ジューシー。
きっとビールが一番合いそうだけど、もう締めだし「請福(泡盛)」
の梅酒で。明太子付きの銀シャリは、やや硬めの炊き加減で、
味噌汁とかあったらちょうどいい感じだが、メニュー上にはなく
そのまま食べた。餃子屋さんとは言うものの、普通に居酒屋使い
できるし、値段も高くないし、使い勝手よい店だと思います。

■火鉄焼餃子ほおずき/広島市中区三川町3-4-2F[17:00~25:00]

hozuki1.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/671-605d3489