c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

deardoctor.jpg

ゆれる』の西川美和監督による長編3作目。
僻地の小さな村で、村人から慕われていた医師が
ある日、突然姿を消す。当初、他愛のない失踪事件と
思われたが、調べていくうちに彼のついたいろんな嘘が
明るみに出てくることに。棚田のある美しい農村を舞台に
一人の男の薄っぺらくも“意味”のある人生が描かれる。
個人的に、2006年に見た映画の中で『ゆれる』がベスト1
だったわけだが、かなり心にずっしりくる作品で、あまり
見返せずにいる。が、今作はあれほど重くなく、いい意味で
軽い。たぶん、それは主演・笑福亭鶴瓶の持つ資質による
ところが大きい気がする。テレビでいつも見せる朗らかで
飄々としたキャラクター。その一方で、目だけは笑ってない
と揶揄される部分も含め、ひとクセもふたクセもある役柄と
うまくリンクさせている。もちろん、素で役になりきっている
わけじゃなく、きちんと計算した上で、かつ一見簡単なように
演じてみせるのが本当に凄いところなんだろう。この主人公が
表には決して見せない悲壮な表情、姿。それが、あるきっかけで
じわじわと漏れ出す瞬間、紙一重のバランスで築き上げてきた
嘘の世界は終わる。終盤、観念とも安堵とも取れる複雑な表情で
去っていったように見せかけて、最後の最後でもう一度、茶目っ気
たっぷりの顔で再び現れた時、心がふわっと緩むと同時に、微かな
苛立ちを覚えるのは自分だけだろうか。それは、テレビで素の彼が
話を延々と脱線させたり、ネタが受けて必要以上に喜んでいるのを
見る時と同じ感覚なのだが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/662-99d3d994