c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

rakutaro1.jpg

ライブ後、また新宿まで戻って一杯。
おでんをはじめとする、煮物や炊き合わせがメインのお店。
伊勢丹新宿店近くの路地裏地下にひっそり佇む。店へ降りる
階段は、人ひとりがようやく通れる狭さ。地下に煌く光に
向かって一歩一歩進んでいくと、なんかドキドキする。
rakutaro2.jpg

店内は、カウンター十数席にテーブル席が何席か。
明るくて、清潔で、まだ新しい雰囲気。意外と、空間に
余裕があるカウンター席に着いて、ひとまず生ビール。
つき出しは、いきなりコハダとトリ貝の刺身。このトリ貝が
とぅるっとぅるでかなり旨い。追加したかったくらい。
コハダは、やや酢が強めだったけど、これもおいしい。
あとは、とりあえずおすすめの品を何品か出してもらう。
まずは新筍とワカメの吸い物。やさしい味わいで和む。
続いて宮崎地鶏とイサキのつみれ。これもやさしい出汁に
浸っていて、食感はもっちりふんわり。さらに地鶏のつみれは
柚子胡椒が効いてて絶妙。ホタルイカと春野菜の煮込みも
スープ仕立てっぽくて、ぷりぷりのホタルイカとサクサク
春野菜の組み合わせがばっちり。“煮炊きや”と言うだけあって
全体的にやさしい料理が多いんだなあと思ってたところに
地鶏白レバーの瞬間燻製登場。網の上でジュージューいってて
一見ワイルドながら、一口食べると、さくとろふわっと上品。
ここで、あえて広島の酒「本洲一・気鋭の雫」を注文。うまー。

この後、新玉葱と桜海老のさつまあげ、がぜ味噌、茄子そーめん
を追加。さつまあげは、シャキシャキの具がいいアクセント。
がぜ味噌はウニやら何やらを味噌と和えたもので、ざらりとした
食感と複雑な味は、俄然日本酒に合う。茄子そーめんは、極太
もずく酢というか、極細ところてんというか、透明の不思議な
麺(米茄子が原料らしい)で、ノド越しつるつるっと一気に
食べてしまえる。最後に、おでんも頼もうと大根頼んだら
切れてたので、代わりに出してもらったのがアサリと春野菜。
ん? これおでんだったかな。もう酔っててよく覚えてないけど
またもや出汁に浸かった、ふっくらアサリと春野菜を食べたはず。
アサリのおでんなら珍しい気がするけど、完熟トマトのおでん
とかがあったくらいだから、なくもないかな。ちなみに、
おでんは二種類のスープ(うす味塩&濃厚味噌)がある模様。

どの料理も、あっさりしつつも深みがあって、何より野菜が
いちいちおいしい。個人的には大満足でした。もう少しがっつり
食べたい人向けには、宮崎地鶏を使ったメニュー(タタキやら
岩塩焼きなど)があるので、大丈夫。新宿近辺へ行く際は、是非。

■煮炊きや 楽太朗/東京都新宿区新宿3-17-21-B1F[17:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/637-c1501726