kuro score >>> cross core !!!

春に酔う店@広島

ちょっと気温が高すぎる気がする今年の春。そんな春に合う
メニュー、雰囲気、お酒を楽しむことができる店に何軒か
行ってきた。別に、いつ行っても楽しめるんですけどね。

shinzan09.jpg

『深山』
本通りの『深山』が、パルコ前からアンデルセン向かいに移転。
店内は、カウンター席と座敷席からなり、以前よりこぢんまりと
しているが、綺麗でしっとりした感じになって、より過ごしやすい
雰囲気。メインメニューは以前同様、猪のしゃぶしゃぶやぼたん鍋、
焼肉、すき焼きが2000~4000円程度で。あとは、山菜、雑炊、
定食類が並ぶ。A定食(2100円)は、山菜8品と豆腐、猪焼肉、
B定食(1050円)は、山菜6品と豆腐。勿論、ごはん+味噌汁付き。
今回はA定食を頼んでみると、コゴミやゼンマイ、ワラビ、筍、
コシアブラ、そしてタラの芽の天ぷらなど、春らしさ満載で
色とりどり。どれもおいしかったが、密かにショックだったのは
小学生の頃、下校途中に生で食べ散らかしたイタドリが、一番
おいしかったということ。あんなに酸っぱかったものも、ちゃんと
調理したら、こんなにおいしいんだ…。あと、山育ちのはずなのに
山菜の名前がほとんど分からない自分にも愕然。

■深山/広島市中区本通8-18-5F[11:30~14:00、17:00~22:00]

shitohei.jpg

『三代目 四斗平』
店の外観は普通の居酒屋さんなのに、一歩店内に踏み入れると
かなり変則というか、立体的でおもしろい造り。カウンターは5席、
座敷やテーブル席は、中2階や半地下に配置。メニューを見ると
ゆで空豆や小鰯の南蛮漬けといった酒肴から焼き物、揚げ物中心。
なぜかミノやハラミ、セセリ、コーネといった焼肉屋さんみたいな
素材が多い。当日の刺し盛りは、カンパチ、鯛、ヒラメ。大ぶりで
もっちもち。日本酒は「賀茂泉」「雨後の月」「亀齢」など広島の酒
中心。焼酎は「五代目 和助」や「極の黒」「べいすん」など、基本
どの銘柄も1杯580円。二軒目に行ったので焼酎から頼んだんだけど、
これが凡ミス。後から知ったところによると、実は生ビールにすごく
こだわりがあるお店だったらしく。近いうちに、もう一回行かなきゃ。

■居酒屋 三代目 四斗平/広島市中区中町9-1[17:00~24:00]
※2011年9月から移転→広島市中区流川町5-19

puratto.jpg

『居酒屋ぷらっと』
倉橋産の魚介が名物のお店。ランチがかなりお得らしいんですが
さすがに、昼にぷらっと寄るのは難しい立地なので、夜に訪問。
店内はカウンターが10席ほど、昔ながらの雑多な居酒屋さん風情。
お刺身を頼むと、カワハギ、ホタテ、イカ、タコ、タチウオ、
海老の6種盛り。新鮮でぷりぷり。他に、生タコの天ぷらや
倉橋産トマトなどもおいしかったが、個人的に特に良かったのが
アジの塩焼き。身がふっくらほくほくで、めっさ旨い。締めに
頼んだ明太子茶漬けと合わせると幸せ。ただ、なぜか箸が極太で
ちょっと食べにくかったり。単に、自分が不器用な気もしますが。

■居酒屋ぷらっと/広島市中区光南2-25-5[11:30~14:00、17:00~23:00]
※2011年2月から移転→広島市中区吉島東1-19-17

Comments 0