kuro score >>> cross core !!!

春のCDまつり

springcd09.jpg

まつりと言っても、3枚だけです。
今年の春は、ダンス仕様。嫌なこと忘れて、みんな
踊ればいいよ。自分は、腰が痛くてもう無理ですが。

■Perfume『ワンルーム・ディスコ』
相変わらず、ポップの皮をかぶったクレイジーな曲。
インストがまた、エラいことに。その80年代っぽい曲調と
儚くて柔らかい声が合わさると、一見凡庸に見える歌詞が
一変。どこか、90年代半ば(バブル崩壊後)の感覚に近い。
岡崎京子やら、よしもとよしともやら、魚喃キリコやら。
不安定な現状を、100%自己肯定で乗り切るんじゃなくて
痛みを抱えてるのを自覚しつつ、表面上お気楽に振る舞う感じ。
ほの明るく見えるこの先に、希望があれば運がいいね、くらいの。

■Cash Cash『TAKE IT TO THE FLOOR』
アメリカのエレクトロポップ・バンドのデビュー盤。
MC2日目、クアトロに行く途中、久しぶりにタワレコ寄って
買った一枚。デビュー盤にしてはレベル高けーと思ってたら
以前、別のバンドやってたみたい。リード曲である
「Party In Your Bedroom」をはじめ、とにかく全曲
いちいちノリがいいし、声もいい。飽きずに繰り返し聴けます。

■THE PRODIGY『INVADERS MUST DIE』
言わずと知れたエレクトロ番長・プロディジーの新譜。
サマソニ以来気になってたので買ってみたんですが
やっぱり現場で聴くべき音楽という気がする。そもそも
ウチには音楽再生機が、パソコンとプレステしかないのも
問題のような…。野外&爆音で聴きたいっす。

Cash Cash“TAKE IT TO THE FLOOR”
01. Breakout
02. Sugar Rush
03. Party In Your Bedroom
04. Cash Cash
05. Can't Stop Looking
06. Electric Hearts
07. INTERLUDE
08. Concerta
09. Two Days Old
10. Your Love
11. Radio
12. Dynamite

THE PRODIGY“INVADERS MUST DIE”
01. Invaders Must Die
02. Omen
03. Thunder
04. Colours
05. Take Me To The Hospital
06. Warrior's Dance
07. Run With The Wolves
08. Omen Reprise
09. World's On Fire
10. Piranha
11. Stand Up
12. Black Smoke
13. Fighter Beat
[DVD]
01. Invaders Must Die
02. Omen
03. World's On Fire[live]
04. Warrior's Dance[live]

Comments 0