kuro score >>> cross core !!!

居酒屋むろか

muroka0903.jpg

年始から休業していた『無櫓火』が、リニューアルオープン。
以前の無骨なイメージから一転、日本料理店風のスッキリした
造りに変貌。前より低くなったカウンターと同様に、どこか
お店への敷居も低くなったような印象を受ける。

その10席ほどあるカウンターには、細長い固定式寿司げたの
ような台が設置。お刺身等は、ここに出されます。メニュー見ると
肴菜から酒肴、刺身、蒸物(蒸籠)、焼物、揚物、ごはんものと続く。
まずは、三種盛りと五種盛りのあるお刺身から三種盛りを。
ビールは、アサヒの熟撰かスーパードライ(大・中アリ)。
つき出しは、海老真蒸の桜あんかけ。香りよく、柔らかい味付け。
三種盛りは、柚子で締めたカスゴ(稚鯛)、コハダ、シメサバ。
カスゴは、ほどよい歯ごたえで上品。コハダは、かなり大きめに
カットされてて、食べ応えアリ。でも、個人的にはもう少し
小さめでもいいかも。シメサバは脂がのってて、旨ぇ。ここで
熱燗をお願いする。廣木酒造の「菊泉川」。さっぱりしつつも
厚みのある、飲みやすいお酒。続いて、蒸物から筍豆腐、
焼物から野菜(空豆)のグラタン、揚物から柳葉魚(オス)の
フライを。焼物は他に和牛ロースや地鶏の炭火焼きなど、揚物は
アサリの唐揚げや、タイラギ貝柱の揚物などがあるみたい。

一見、茶碗蒸しのような筍豆腐は、上に筍の“あん”がかかり、
中には山のように筍がごろごろしてる。ふんわりした豆腐と
こりこりの筍の組み合わせがおもしろく、優しい味わい。
大ぶりの空豆のサヤに、豆や肉を詰め込んだグラタンは、
ほこほこしてて、パンにのせて食べてもおいしい。そして
菜の花タルタルソースがかかった柳葉魚は、素材の味が濃く、
さっぱりめのタルタルと食べると、まろやかでいい感じに。
熱燗に続いて、焼酎水割り追加。三岳酒造「屋久の石楠花」。
スッキリ&華やかで、「三岳」より好きかも。こういうお酒が
さらっと出てくるから、お酒はおまかせがよいです、この店では。
この後、ツマミに青首大根の糠漬けや、薄く切ったキュウリで
巻いたウニ、タコの煮物、ラッキョウなどをちょこちょこ
出してもらう。最後に、奄美の鶏飯やウニごはんが並ぶ
ごはんものの中からまかないカレーをちょこっと盛りで注文。
肉もほどよく煮込まれたピリ辛のカレーは、後引く味といい、
分量といい、シメにぴったり。そして、お会計も比較的
リーズナブル。おまかせコースも3000円と、かなり抑えめ
設定なので、思わず通いたくなる仕様です。

■居酒屋むろか/広島市中区三川町6-3[17:00~23:00]
 http://muroka.com/

Comments 0