kuro score >>> cross core !!!

四季彩 多仲

skstanaka.jpg

某御一行様が来広の際、訪れたと伝え聞いたお店。
ネットで調べた限り、完全個室らしかったので、一緒に
連れてく人を探しつつ、行くタイミング見計らってたら
タウン誌にカウンター席ありと書いてあるのを見つけ、直行。
ちなみに御一行のおふたりは、金沢出身だったりします。

お店の場所は、ライオンビルの5階。以前『櫓人』があった場所。
扉を開けて正面に調理場があり、その前にカウンター席が5席。
それ以外は、情報通り完全個室。若めの大将ともう一人の男性が
調理担当で、給仕は着物姿の女性ふたり。カウンター席は、すぐ
目の前で、調理している姿が見られます。

メニュー開くと、生ビールは「黒ラベル」、瓶ビールは「ヱビス」
と、珍しくサッポロ仕様。それだけで、個人的に好感度アップ。
生ビール頼んで、まずは酢牡蠣と刺身の盛り合わせから。
この酢牡蠣、かなり大ぶりで、ぷりっぷり。弾力あって味も濃くて
旨い。今年は、まだあまり牡蠣食べてないけど、これで取り戻した
感あり。続いてお刺身は、炙り鯛、小イワシ、ヨコワマグロ、
トリ貝、サヨリ、ヒラメ、地鯵。夏のイメージが強い小イワシが
なかなかおいしく、地鯵も良い。そして、爽やかな甘みのある
サヨリが、今回出た中では一番好みだったかも。ドリンクメニュー
見ると、焼酎、梅酒、日本酒、北海道産ワインが並ぶが、正直
焼酎は、あまりピンと来るものがなかったので、日本酒へ。
大吟醸系がグラスで1500円くらいするが、それ以外はグラス600円、
とっくり1200円程度なので、「雨後の月」純米吟醸をとっくりで。
飲んでから気づいたけど、日本酒は甘口より辛口の方が好きらしい。
自分の好みすら、曖昧だなあ。でも、おいしいことはおいしい。

料理メニューは、かなり充実。魚介は塩焼き、骨蒸し、ちり蒸し、
あら炊き、天ぷら、バター焼き、白焼きなどなど調理法も豊富だし
他には、野菜の天ぷらや手造り豆腐、このわたやホヤ、鯛酒盗、
風干しタコといった珍味に、クジラ料理から馬刺しまで種々多彩。
その中から、鯛の月見蒸しと帝釈軍鶏の炙り焼きを追加。
月見蒸しは、小さな鍋というか壷みたいな器に入ってて、
あっさりめでホクホクの鯛と、濃厚な丸ごと玉子との組み合わせが
ばっちし。帝釈軍鶏は他に、ユッケや刺身、すき焼きでも
楽しめるが、おすすめされた炙りで。歯ごたえよく、柚子胡椒と
一緒に食べると、うまー。つい勧められるまま「瑞冠」「米百俵」
とグラスで空けて、思いっきり酔っ払い。飲みすぎで、思ったほど
料理は頼めなかったような。気になるメニューが多かったので
次来る時は、もう少しいろいろ頼んでみよ。

■四季彩 多仲/広島市中区堀川町1-9-5F[17:30~25:00]

Comments 0