c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ken6en04.jpg

パーフェクト。
園内に一歩足を踏み入れて、呟いた。
これこそ求めていた風景、求めていた世界。
さらさらさらさら雪が降るにつれ、自分が昂揚していくのが
わかる。なぜ、いつから、これほど雪景色に心震えるように
なったのか、定かではない。ただ、目の前の風景が白く
浄化されていくたび、頭や心の中のどろどろが抜け落ちて
子どもの頃に戻れるような気がするんだ。
ken6en05.jpg

気づくと、園内を早足で駆けずり回っている自分がいた。
ここの景色をすべて見たい。雪に閉ざされた世界の隅々を
すべて見回したい。そしたらきっと、世界は自分のものになる。
雪吊りに守られた木々も、蓬莱島を抱く池も、遠くに見える
あの山も。雪が溶けて消える瞬間まで、この世界は俺のものだ。

白い空と白い大地と白い息に包まれて、どんどんどんどん
駆け回る。聞こえてくるのは、砂利を踏む音、水の流れる音。
そして、自分の鼓動だけ。やがて雪が止み、流れる風も、
池の水面も微動だにしなくなった時、世界に合わせて
自分も立ち止まった。耳鳴りしそうなほど静かで澄んだ
空気の中、このままずっと、ここでこうして佇んでいたい。
心の底から、そう願った。でも、俺は再び駆け出した。
この静かで完璧な世界に免じて、素直に白状しよう。
トイレが俺を呼んでいたんだ…。

ken6en06.jpg

ken6en07.jpg

ken6en08.jpg

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.03.02 10:23  | # [ 編集 ]

えーっと…。
ありがとうございます、なのかな。
ていうか、びっくりしますよ(笑)。

2009.03.02 13:11 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/597-acc0cac3