c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

susiwa.jpg

新年一軒目も、お寿司屋さんから。東胡通り沿いの2階、
通りをはさんで、ちょうど『之里』の向かいに位置する。
カウンター7~8席に座敷席もある明るい店内は、お客さんも多く
活気がある雰囲気。調理が男性二人、給仕が女性一人の体制。
席に着き、メニュー開いてまず気づくのは、お寿司屋さんにしては
料理メニューが充実してること。レギュラーメニューに当日の
おすすめ品を加えると、一品料理、焼き物、揚げ物がそれぞれ
十数種近くにのぼる。内容も、マグロや鯛、タコ、白子、フグ、
牡蠣、貝柱などの魚介を中心に、塩焼きしたり、バター焼きしたり、
揚げたり、蒸したり。その中から、まずは刺身の盛り合わせと
フグの竜田揚げ、蒸し牡蠣を頼むも、牡蠣が切れてたので
マグロのロールキャベツに変更。刺し盛りは、タコ、イカ、鯛、
ヒラメ生ちり、サヨリ昆布〆、夜鳴き貝、ブリ、マグロたたきの
海苔巻きの8種盛り。鯛が甘くてコリコリでおいしい。肝と一緒に
食べるヒラメも、味が絡み合って旨い。ここでお酒メニュー見ると
焼酎が富乃宝山をはじめ川越や久保禄など十種程度、日本酒は
八海山に獺祭、田酒、ちょぼ@亀齢(熱燗向け)と数種。メニュー
以外にも何種類かあるみたいです。冷酒は、グラスだと一杯500円
なので、八海山→獺祭へとつないでみる。そして、ロールキャベツ。
スープはちょっと濃いめだけど、身の大半を占めるたたいたマグロと
キャベツが淡白なので、ちょうどいい感じ。フグ竜田は、普通の
唐揚げよりしっとりしてて、より上品。身もぷりぷりで美味。

熱燗に切り替えると、いよいよお鮨。おまかせで頼むと、フグ、ウニ、
アサリ、カニ、漬けマグロ、トロ、イクラ、穴子、芽ネギの計9貫。
全体的に甘めで、ふわっとした印象。フグは、肝がのってた
気がするけど、何の肝だろう…。あと、ウニが透き通るような
スッキリした味で、爽やかさが口に残る。最後に、ブリと鯛を
一貫ずつ追加し、しじみ汁で締め。しじみ汁は、白味噌仕立てで
これまた上品。トータルの印象は、バリバリの鮨専門というよりは
やや居酒屋寄りのお店かな。他のお客さんも、一品料理をたくさん
頼んでたし。サービスも親切な感じなので、あまり緊張せず
気軽に鮨を楽しみたい時に、ピッタリかもしれません。

■すしわ/広島市中区銀山町11-23-2F[18:00~22:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/571-c2612bc2