c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

darkknight.jpg

がーーー! 笑ってしまうくらい重い。
今年見た中では、今のところ一番ヘヴィ。話もテーマも結末も。
バートンファンとか言っときながら、バートン版は見てないし
前作の『バットマン ビギンズ』も見てない。でも、そんなの
関係なく、始まった瞬間から一気にゴッサム・シティに
引きずり込まれる。あとは、目を逸らさず突き進むのみ。
とにかく、ジョーカーの存在が圧倒的。『ノーカントリー』の
殺し屋シガーを見た時、しばらくこれを超える悪役は出ないだろう
とか思ってたのに、一年も経たないうちに出てきたな…。これだけ
次々とイカレたキャラを生み出せるアメリカは、ある種病んでるのか。
シガーが、無表情の奥に見え隠れする感情が不気味だったのに対し
ジョーカーは表情豊かであるがゆえに、逆に何考えてるのか
分からなくてヤバい。あのメイクも、TVのCMとかで見る限り
冗談っぽく見えるが、実際スクリーンで見たら圧倒される。
そして、人をダークサイドに堕とす手口が巧妙で、非道で、しつこい。
一回相手に食らいついたら、相手が死ぬか、悪に反転するまで二度と
離さない。あのしつこさは、見てて本気で疲れた。彼を突き動かす
源は一体何なのか。もう、そういう風に生まれついたとしか
言いようがない気もする。そして、彼の素質を開花させたのが
他ならぬバットマンその人だという。最早、アメコミ原作だから
どうとかいう次元は超えた重厚作。映像的にも、初登場の
バット・ポッドの疾走や、超ロングトレーラーの横転ならぬ縦転、
大病院の爆破(非CG)など、見どころが多いので、2時間半の
長丁場ですが、劇場で見る価値大だと思います。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/504-55aff882