kuro score >>> cross core !!!

楽飲食 昌や

masaya1.jpg

夜納宜』で修業されたという方のお店。
一度探しに行った時は、見つける前にうっかり別の店
入ってしまったが、店の情報について思わぬ方から
フォローしてもらったので、今回訪ねてみた。

が、店の前に着いてちょっとびっくり。真夏なのにクリスマスかと
見紛うような青色の電飾がぶら下がってて、軽くひるむ。和食の店で
これは、逆効果なんじゃ…。何も知らずに前を通ってたら、間違いなく
スルーするな(昔、近所にこういう店構えの店があって、マズくて
すぐ潰れた)。ちょっとオドオドしつつ扉開けたら、店内は普通に
ちゃんとした造りで、ひとまずほっとする。カウンターは10席ほどで
かなりゆったり座れる。奥にも席があるようだが、電気消えてた。

席に着いて、とりあえずビールと刺し盛り、あと岩ガキ。
刺し盛りはトリ貝、水イカ、ウニ、ヒラメ、カツオ、サンマの炙り。
量はしっかりあるし、鮮度も申し分なく旨い。炙られた表面は濃厚で
内側はスッキリした旨みが残るサンマの炙り具合もほどよいし、
これだけで、いい店の予感。岩ガキは、二人で食べるのがちょうどよい
くらいの大ぶりサイズ。爽やかな味わいだったので、ひとりで軽く
食べましたが。ここらで焼酎に移る。メニューには、焼酎二十数種、
日本酒十数種程度あり、それ以外にも何種かあるみたい。その中で
初めて見た「久蔵(とわくら)@雲海酒造」を頼んでみる。米焼酎
なので、スッキリ系で飲みやすい。焼酎飲みつつ、今度は天ぷら。
トウモロコシやオクラといった野菜種が並ぶ中、ミョウガと
アスパラを。カラッと揚がってて、齧るとさっくり、かつジューシー。
他の天ぷらも食べてみたくなる。焼物は、シシャモやうなぎの白焼き、
ノドグロ塩焼き、白甘鯛西京焼きなど。ここまでくると、あまり
たくさんは食べられないので鮎の塩焼きで締めることにする。身は
ほっくり、味付けも適度で、結構大きめだったが、あっさり食べ切れた。
立地的に市街からやや離れており、近くに良い店があるのでなかなか
足を運びにくい環境だが、店内は落ち着いた雰囲気だし、値段も
それほど高くないので、近所の人や、フットワークが軽い方は
一度行ってみて損なしという気がします。

■楽飲食 昌や/広島市中区本川町2-2-11[17:00~24:00]※閉店

Comments 0