kuro score >>> cross core !!!

百万円と苦虫女

nigamushi.jpg

蒼井優主演、タナダユキ監督作。
監督の前作は、広島出身のルサンチ漫画家・松田洋子原作
『赤い文化住宅の初子』だったわけだが、うっかり未見。
結構、楽しみにしてたはずなのに…。
だから、今回は張り切って初日から見に行ってきた。
ひょんなことから前科持ちになってしまった、生き方が
不器用な主人公が、百万円貯まるたびに住処・働き口を
変えて転々としていくプチトリップ・ロードムービー。
見る前も、まったくどういう話かピンと来てなかったが
見終わった後も、つかみどころがない感じの淡々とした内容。
一人の女の子の(ほんのわずかな)成長物語ともとれるし
対人関係が不得意な人の居場所探し(作り)でもある。
個人的に、身につまされるテーマだが、正直言うと、
この主人公よりはるかに年上の俺が知りたいのは、この先だ。
このままふらふらし続けるのか、どこかに根を下ろして生きるのか。
年とってくると、ふらふらするのにも体力使うからなあ。
映画は終わっても、人生は続く。俺は、どうしよう。

Comments 0