kuro score >>> cross core !!!

九太呂

qtaro1.jpg

やなぎ』で修業されたらしい人の店が本川町にあるらしい
という超漠然とした情報だけで本川町周辺をうろうろしてたら
『九太呂』発見。ここ確か『なわない』系列というか、
元祖的位置づけの店だったような…。とりあえず、当初の目的は
見失って、吸い込まれるように店の中へ。
qtaro2.jpg

店内に入った最初の印象は、『なわない』というより『きまじめ』を
広くした感じ。もちろん、こっちが先なんだろうけど、カウンターとか
テーブルの仕様、ボトルキープの置き方・銘柄、なくなった品から
消されていく黒板メニューなど、ホントそのまんま。初めて来たのに
勝手に寛ぎ始める。とりあえず、生ビール。『きまじめ』だと、キリンか
アサヒから選べるが、ここはヱビスとキリンから選べる。やや高級志向?
ヱビスしか頼まなかったので、銘柄によってグラスの大きさが違うか
どうかは不明。メニューも、魚系から惣菜、酒肴、ごはんものまで
見知ったものばかり。刺し盛り、バクライ、ゴーヤーチャンプル、
さざえ煮あたりをちょこちょこ頼む。刺身は、アジ、イカ、カツオ、
カンパチ、鯛。飾らず、シンプルな盛り付けで、正統派居酒屋な感じ。
もう、速攻で焼酎に移る。種類は十数種程度とそこそこあるものの、
あまりこだわった感はないところも『なわない』より『きまじめ』寄り。
が、吟香露があったので、個人的に無問題。ゴーヤーチャンプルは
おいしいけど、上にのっけたカツオブシは、パックのやつより
削ったばかりのをかけて食べたいとかいうのは贅沢かな。沖縄料理店では
未だにカンナみたいなのでゴリゴリやってくれるのが好きなので。

後半には、焼き茄子やチキントマトを追加。チキントマトは、チキンと
トマトとパプリカ、玉ねぎを煮込んだイタリアンな一品。居酒屋だけど
こっそり洋風なメニューやワインも紛れ込んでるのも、おもろい。
そして、最後に海苔茶漬け。あっさりさらさら流し込み、気づけば
腹いっぱい酔っ払いの一丁上がり。店内は活気があるし(店員さんの
テンションは普通なんだけど)、ひとりでも過ごしやすいし、何より
ツマミはことごとく酒に合うし、とにかくこれぞザ・居酒屋というお店。
市内中心からは少し外れますが、足を運んで損なしと思います。

■九太呂/広島市中区本川町2-1-29[18:00~24:00]

Comments 4

しゃおへい  

「きまじめ」は「九太呂」で修業したんですよ。
だから、似ているのは自然なことかもしれないですね。

また「夜納宜」で修業した店というのは「昌や」です。
こちらを参考にどぞ(笑)。
http://hamanet.jp/kaishoku/detail.aspx?txtKshopcd=1676

kuro  

あれ? しゃおへいさんって、あのシャオヘイさんですか。
わー、はじめまして。お店の正確な住所が分からない時とか、
ネットで調べてたら、大抵シャオヘイさんのホームページに
たどり着くので、個人的にとても助かってます。

「きまじめ」は「なわない」じゃなくて「九太呂」が
修業先なんですね。すごい納得しました。
あと「昌や」という名前なんですね。ちょっと探して行ってみます。
情報&コメントありがとうございました。

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/07/19 (Sat) 08:38
  • REPLY
kuro  

無理しない程度に、ほどほどにがんばります。
ブログも、人生も。