c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sdhamada.jpg

久しぶりに薬研堀の奥地にまで足を踏み入れたら
なんだか良さそげな雰囲気を醸し出してる店が数軒。
気になり出したら止まらないので、これまた久しぶりに二日連続で
飲みに出かけてみる。体調とか気にしてたって、始まらない。
店構えからして、余計な装飾がなく、どこか素っ気なくさえある
年季の入った佇まい。店内も、決して洗練されてはいない
昔ながらのこぢんまりとした居酒屋さん。カウンターでは
普通にタバコ吸ってる常連さんもいるし、ダメな人はダメかも。
でも自分は、入った途端、懐かしい感じがして落ち着けた。
昔憧れた、大人の飲み屋さんの雰囲気に限りなく近いからかな。
カウンター前の保冷ケースには、たくさんの魚が並ぶが
メニューも素っ気なく、刺身、天ぷら、焼き物、煮付、唐揚げ
とか書いてあるだけ。好きなものを好きなように頼む仕様。
焼酎も、麦・芋、水割りor湯割りorロックといたってシンプル。

まずはいつも通り、刺身を盛り合わせで。タコ、イカ、夜鳴き貝、
サバ、カンパチ、鯛。オーソドックスな品揃えだが、大ぶりな身で
量も多く、さらに新鮮かつ歯触りもよくて、これだけでも幸せ。
焼酎片手にちびちびやって、ほっと一息。オサレで気合入った店も
勿論良いけれど、こういう肩肘張らずに寛げるとこの方が自分には
合ってるような気が、今さらしたりしなかったり。
刺身のあとは、トリ貝を炙ってもらう。シンプルな味付けながら
肉厚で、じんわり旨さがやってくる。クジラも竜田揚げや生姜焼き、
刺身とあったけど、次回にとっておいて、野菜の天ぷらを追加。
ししとう、蓮根、人参、大葉、ゴボウ、サツマイモ、椎茸、茄子。
あったかくて濃いダシと塩、好きな方で。あつあつうまうま。
最後は、お鮨を三貫ほど。シマアジ、大トロ、貝柱。シマアジは
最初から目を付けてて、あとは刺身で食べてないものの中から
適当に頼んでみたんだけど、このトロがめっさ旨かった。かなり
脂がのってるのに、しつこくなくて、口の中でとろけて消えた。
年齢とともに、脂っこいものは避けてきたのをやや反省。
旨いもんは、旨い。当たり前の真実に気づけただけでも、来て良かった。

■魚処はまだ/広島市中区薬研堀7-5[17:30~26:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/460-9b0ae902