c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

akebono01.jpg

那覇を後にして、飛行機で石垣島へ。
しばらく街なかをぶらついた後、即行飲み屋さんに向かう。
石垣島と言えば石垣牛なわけですが、焼肉屋は前に行ったし
やっぱ肉より魚派なので、今回は石垣の魚料理に迫る。
…と大げさに言ってみたものの、特に深い考えはなく
とりあえず、前回入り損ねた『あけぼの』にリベンジ。
akebono02.jpg

店内は、妙な歌謡曲が流れる庶民的な雰囲気で、カウンター内に
板前さん2人、奥の調理場にも何人かおられるっぽい。
そのカウンター上のネタケースには、本土でよく見かける魚介と
沖縄ならではの魚介が入り乱れて並ぶ。メニューを見ると、
ミーバイやミミジャーはまだ分かるとして、ハマサキノオクサン
とかいう訳分からんのも。誰が名づけたんだ。やっぱり浜崎さん?
それはともかく、まずはお造りから。マグロにカツオ、イカ、
タコ、ウニ、アカジン、シャコ貝、タカセ貝、サザエなどなど。
少し生臭みのある貝があったのを除いて、どれも鮮度よく旨い。
石垣でも、これだけのものが出せるんだなあ。なかでも、
シャコ貝の肝(トーフ)が初めての食感。柔らかいナマコみたい。

魚は造りの他に、焼き物や煮付け、あら焚き、唐揚げ、おろし煮、
マース煮、バター焼きが可能。そこで、初めて聞くおろし煮を注文。
その名の通り、魚を大根おろしと煮たもので、脂っぽい魚でも
しつこくなく、さっぱり食べられる。何て言う魚か聞き忘れたけど
赤くて、柔らかくて、ほくほくで、スープまでおいしい。
これがオクサンだったら、どうしよう(どうもしないが)。

密かに泡盛(八重泉)に移行しつつ、最後はもちろん、お寿司。
シャコ貝、夜光貝、アカジン、サザエ、アワビ、マグロ、カツオ、
石垣牛、カンパチ…。身を細く握り、シャリの硬さも程よく
なかなかバランスのよい握りが続く。そんな中、あまり食べ慣れない
沖縄の白身魚は、身がもっちりしてて、歯にムニッと絡みついてくる
感じ。お造りだと、おもしろくておいしいんだけど、寿司になると
ちょっとだけバランスが崩れる気がする。石垣牛は味が濃いめなので
序盤に頼む方がいいかも。終盤だと、やや重く感じた。
ただ、全体的に受けた印象は、何を食べてもおいしい、良いお店。
個人的に、石垣島で魚を食べたくなったら、ここが第一候補かも。
しかし、石垣の魚料理店めぐりは、まだ幕が開いたばかりなのです。

■あけぼの/沖縄県石垣市美崎町12-11[17:30~22:30]

はじめまして。

3/27にこちらの記事を読んだ次の日、
3/28放送の「探偵!ナイトスクープ」で
ハマサキノオクサンという魚の名前の由来を
調査していて、
あまりにもタイムリーでびっくりしました。
調査を依頼した人も、「あけぼの」でこの魚に出会ったそうです。
とてもおいしい魚だそうです。
今度行かれたら食べてみてはいかがでしょうか。

普段コメントをしないので、しばらく迷っていましたが、思い切って書きました。
遅くてごめんなさい。

広島の飲食店の記事は大変参考になりますし、映画や本の記事も興味深く拝見しています。
これからもお邪魔しますね。

2008.04.17 12:45 URL | すみれ #z5uHTQcA [ 編集 ]

はじめまして。
見ました、見ました。
石垣でハマサキノオクサンっていうから、もしかしてと思ってたら
本当に『あけぼの』が出てきて、思わず笑ってしまいました。
やっぱり、みんな気になるんですね。
今度、石垣に行ける機会があれば、チャレンジしたいです。

あと、コメントありがとうございます。
適当ブログなので、気軽に見ていってください。

2008.04.17 15:30 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/417-acc5651f