kuro score >>> cross core !!!

鮨 なかもと

ssnakamoto.jpg

今年は、お寿司屋さんを重点的にまわってみようかと
ふと思いついたので、とりあえずこちらのお店から。
本当は、一軒目が不完全燃焼に終わったので、飲み直し先を
探してたら、すごく目立つ位置にあったから入ってみただけという。

店内に入ると、なんか見覚えが。来たことあるような、ないような。
大将に聞いてみると、以前もここに別の寿司屋があったらしく
その時に入ったことがあるっぽい(推測)。前の店の時は
もっと窮屈だった気がするが、今はこぢんまりとしていながらも
圧迫感はあまり感じない。カウンターがちょっと低くなって
天井付近に余計なものがなくなった…のかな。
厨房には、大将ともう一人調理の方、そして給仕の人の男性3人。
この調理の方が、店に入るなりいろいろ話しかけてくれるので
初めてでも気が楽になる。既に、お酒はそこそこ飲んでたけど
まずは熱燗から。あと、お造りを。順にヒラメ、赤貝、トリ貝、
タイラギ、アジ、小イワシ、エビ、ホタルイカ、そして貝ひもを
海苔と胡瓜で巻いたもの。この貝ひものやつが、歯ごたえ
さっくりこりこりで、おいしい。ホタルイカもうめえ。

その後、調子にのって熱燗頼み続け、お鮨もおまかせで。
ネタはヒラメ、づけマグロ、中トロ、玉子、イクラ、穴子、エビ、
芽ネギ。お造り・鮨ともに、この前行った『翠月』と構成が似てる。
時期が同じだと、やっぱり似てくるのかな。『翠月』に比べると、
シンプルで、ややあっさりめの味付け。今まで行った広島の寿司屋の
中だと、一番オーソドックスな感じがした。ひょっとしたら
物珍しいネタやこだわりを求める人には少し物足りないかもしれないけど
値段はそこまで高くないし、お店の人は親切で、店の場所も
わかりやすいから、広島で初めての回らない寿司屋デビューとか
夜遅く気軽にふらっと寄っていく時なんかに適した店だと思う。

■鮨 なかもと/広島市中区胡町2-16[18:00~25:00]

Comments 0