c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ichiryu1.jpg

旅の二日目は昨年の『明島』同様、居酒屋さんへ。
歓楽街・伊勢宮の一角に佇む、郷土料理の店。
一見、歴史がありそうだけど、実はそこそこ新しい。
昔からあった店舗を、改装して使っているそうです。
店内はかなり広々としていて、厨房を取り囲むように
カウンターが据え付けられている。10人くらいは座れそう。
そのカウンターを挟んで、両サイドにテーブル席。
結構たくさん入れそうなのに、時間が早かったせいか、客俺一人。
心細え。でも30分ほど経つと、一気に人が増えて一安心。
ichiryu2.jpg

さて。まずは毎度のことながら、お造りの盛り合わせから。
ヨコワマグロに水ダコ、鯛、スズキ、ウニ。島根でマグロと
言えば、ヨコワマグロなんかな。昨日の寿司屋でも見たし。
スズキは言うまでもなく、宍道湖七珍のひとつ。
そう。このお店、宍道湖七珍をはじめとした地元の素材を
思う存分堪能できる。相撲足腰ですよ、スモウアシコシ。
スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミ。
というわけで、シジミの酒蒸しを。あと、やはり島根と言えば
ノドグロ。一夜干ししたものを炙ってもらう。酒蒸しは、
素材を活かした薄味。滲み出たスープが内臓によさげ。
ノドグロは、ほどよい脂のノリ具合で、一匹なんか
あっという間に胃袋におさまる。

ichiryu3.jpg

ichiryu4.jpg

で、入店した時からずっと目の前のカウンター上に
松葉ガニが鎮座してて、普段なら絶対頼まないのに
旅先で気が抜けてたのか、つい注文。何故いつもは頼まないか
と言えば、プリン体が多いのと、単純にめんどいから。
焼きと刺身が選べるので、刺身で。そしたら、身を剥がすのが
想像以上に厄介。うまいうまいめんどくさーいの無限ループ。
さらに足以外の余った身は焼いてくれ、カニ味噌入り甲羅には
熱燗を注いでくれた。これが、至れり尽くせりというやつか。
お酒も地の物を中心に揃えてあり、初めて見た「砂の器」という
奥出雲の米焼酎を、お湯割りでカパカパ飲む。臓腑に沁みる。

ichiryu5.jpg

最後はまたも七珍から、白魚の酢味噌和え。普通のものより
身が大きくて、どっしりしてて食べ応えあり。
そして、コイの糸造りならぬ寒鮒の糸造り。鯉バージョンと同様
身を細く切り、腹子と和えた一品。生のフナって、一瞬
抵抗ありそうだけど、これが意外や意外、歯ごたえよくて
味にコクがあって旨い。でも、この食べ方ができるのは、
冬の本当に短い期間だけらしく、今回は幸運だったよう。
やー、冬に松江に来て良かったなあ。これで雪さえ降ってたらな…。

■旬菜・郷土料理 一隆/島根県松江市伊勢宮町537-15[18:00~22:00]

松江市への出張に際し、貴ブログを拝見し
一隆さんへ足を運んでみました。

HPも見つけて、迷うことなくお店まで辿り
つけました。w

http://ichiryu.info/

HPにはあまりメニューが載っていなかった
のでチョット心配でしたが、お店に入って
ビックリ!豊富なメニューと新鮮な魚介類
で、松江のひと時を満喫することができま
した。

本当に美味しかったです☆
さすが山陰、日本海の味ですね♪

松江の郷土料理のお店をHPで検索していたら
すぐに一隆さんのページが何件かヒットしま
した。松江では有名なんですね。^^

また機会があればぜひ行きたいお店です!

情報ありがとうございました。m(_ _)m

2010.02.19 02:53 URL | 出張人 #Jl3MnCzM [ 編集 ]

はじめまして。
今年の松江は、雪降ってたんでしょうか。
まー、雪がなくても綺麗で良い街ですよね。
一隆さんは郷土料理の店として有名みたいです。
満喫されたみたいで、よかった。

2010.02.19 12:33 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/395-d0adb586