c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

島根と言えば、出雲そば。
昨年『ふなつ』で食べておいしかったので、
今回も2軒(+暖談ごちそう市場の屋台も)訪問。

issikian1.jpg

『手打そば 一色庵』
『ふなつ』に並ぶ、有名どころ。ガイド本見たら
たいてい一番最初に紹介されている。
昨年、松江の料理旅館『蓬莱荘』が文化発信基地として
リニューアルされた際、同施設内に移転したばかり。
ちなみに、創作日本料理店『蓬莱 吉日庵』と
後述するカフェ&バー『常乃家』も併設。
まだ真新しい店内は、明るくて広々としており
ガラス戸から、こぢんまりした庭も眺められる。
issikian2.jpg

メニューから選んだのは、「三味割子そば」。
待ってる間は、定番の蕎麦湯。ややあっさりめで上品。
そしてその後登場した割子は、普通のそばに加え、
山菜そば、とろろそばがセットの三味。
そこにネギや海苔、カツオ節、大根おろしといった
薬味を大量にぶっかけ、濃いめのダシをかけていただく。
そばは、蕎麦湯同様に上品かつ、コシが強い。
薬味には生卵の黄身もあり、ダシと一緒に絡めると
マイルドに。で、白身はどこにいったかと思えば、
ちゃっかり蕎麦湯にイン。無駄も隙もなく、旨い。
綺麗な庭眺めて、おいしいそば食べて、心も穏やかに。

■手打そば 一色庵/島根県松江市殿町101[11:00~16:00]

sobasay1.jpg

『そば清』
歓楽街の入口にあたる、新大橋商店街沿いに面した店。
この通り、初めて来た時は松江のメインストリートかと
思ってたけど、昼間はシャッターが下り、人影もまばら。
このお店も、その雰囲気に静かに溶け込んでいる。
店内は、東京の下町あたりにありそうな庶民的佇まい。
ここでも、「三色割子」を注文。これもまた、とろろ、山菜、
うずらの黄身の三色で、薬味もネギ、海苔、カツオ節、大根おろし
と、ほぼ似たような構成。ただ、そば自体は結構細くて、
今まで食べた松江の出雲そばの中では、一番柔らかい。
見た目は似てても、やっぱ店ごとに全然違うもんなんだな。
好みは硬めだけど、量食べられそうなのは柔らかめの方。
あと、蕎麦湯も黒くどろっとした感じで、田舎風。
小豆でも入ってるのかと思ったほど。とにかく今のところ
そばは、松江のどこで食べても旨いという結論に達しました。

■そば清/島根県松江市和多見町80[11:00~14:30、17:00~21:30]

sobasay2.jpg

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.05.13 14:30  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/393-94205665