c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

rendezvous01.jpg

06年末以来、今年も横川シネマにやって来ました、曽我部兄さん。
カレー・ライブは、東京でやっちゃったっぽくて、今回はなし。
その代わり、ソロだけではなく、この前アルバムを出したばかりの
曽我部恵一ランデヴーバンドを引き連れてのライブ。
開場間際に行ったら、既にそこそこの入り。物販でトートバッグと
Tシャツ買ってドリンクコーナーへ。コーヒーやチャイ(ばばじ特製)
と並んでビール有。ヱビスの小瓶と悩んだ挙句、物珍しい
「風の谷のビール」ピルスナー片手に入場。ちょっと酸味の強い味。
そうこうしてるうちに、開演。
rendezvous02.jpg

第一部は、97年に発売されたサニーデイ・サービスのアルバム
『Sunny Day Service』10周年記念全曲ひとり弾き語り。
「baby blue」から始まり、「NOW」だの「星を見たかい?」だの
「旅の手帖」だの、めっさ懐かしくてテンション上がる。
昔の繊細な声も好きだったけど、はるかにタフ&ラフになった
今の歌声も味があってよかった。てゆーか、30歳越えた男は
タフな方がずっとかっこええなあ。

で、休憩挟むことなく即バンドメンバー登場して第二部へ。
アルバムでは、兄やん含めて5人なのに、なぜか6人。
福岡にはギターの人が行けなくて、フォローに入ってくれた方が
そのままツアーに合流だって→木暮さん。
ま、細かいことは気にせずスタート。
シンプルで力強いソロもよいけど、バンド形式になると
音がぐっと鮮やかで華やかに。「雨の日の子供たちのための組曲」
では、「はじまるよ」のハルコちゃんパートを客席に募る兄やん。
手を上げたのは、かわいくてしっかりした感じの子。
舞台に上がっていきなり歌ったのに、声合ってたし、堂々としてた。
女の子は度胸あるなあ。ちなみに、この組曲の中の「おはよう」は
前回の横川シネマライブの時に、広島のホテルで作って初披露
してくれた曲。あと、前回同様、会場の映画館にかけて映画小咄を。
昨年のベスト1は、アキ・カウリスマキ監督の『街のあかり』だそう。
正直、すごい暗そうだったから見てないが、沖縄の桜坂劇場
行った時ちょうど上映してて、エコバッグだけ買って帰った思い出が。

二部のラスト近くでは、おなじみの「テレフォンラブ」も
やってくれて、盛り上がったまま終了。あっという間の2時間半。
帰り、物販のところに本人がおられたので、アルバム買って
サインしてもらったよ。あー、楽しかった。

rendezvous03.jpg

<ランデヴーコンサート>
[1/23 wed.]open18:30/start19:00
@横川シネマ/広島市西区横川町3-1-12
[第一部]
baby blue

NOW
枯れ葉
虹の午後に
Wild Grass Picture
PINK MOON
星を見たかい?

そして風は吹く
旅の手帖
bye bye blackbird
[第二部]
女たち
our house
雨の日の子供たちのための組曲
太陽のある風景
砂漠
街のあかり
ふたりの恋はおわったよ
長い髪の女の子
テレフォンラブ
遠い光
[アンコール]
LOVE SONG
24時のブルース

rendezvous04.jpg

rendezvous05.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/382-087a2b94