kuro score >>> cross core !!!

a.Table

atable1.jpg

京橋川の畔、ビルの2階に位置する『ア・ターブル』。
前から変わったとこにお店があるなと思って、少し調べてみたら
真っ当なフランス料理屋さんっぽかったので、しばらく静観。
ひとりじゃ、行きづらいから。で、この前ようやく数人で
飲みに行く機会ができたので、行ってみた。

店内は、カウンターに4席ほどと、テーブルが4~5卓の
こぢんまりとした造り。調度や什器も含め、白を基調にした
かわいい感じで、男一人だったらやっぱりツラそう。
メニューを見ると、がっちりフレンチと言うより、ややカジュアルな
ビストロ風。コースは店名を冠した「ア・ターブルコース」(3500円)
と「デギュスタシオンコース」(4200円)。どちらも構成は
ほぼ同じで、1品(温菜料理)異なるだけっぽい。
初めてだし、とりあえずア・ターブルコースにしてみる。

atable2.jpg

ビールで乾杯して、まずはアミューズ。フランス産キノコや銀杏が
つまった、秋っぽい一品。前菜は、自家製ハムのトリュフソースに
柿とカブを和えたもの、サーモンにクリームチーズと食用菊を
合わせたものの3種。見た目きれいだし、味も三種三様で楽しい。
特に自家製ハムは、まろやかで旨し。ビール空けて、シードルの
ビール割り空けて、白ワイン(シャルドネ)に向かう頃、魚料理。
マトウダイのポワレ(だっけ?)・サフランソース。
あっさりほっくりの魚に、コクのあるソースがちょうどいい。
一緒に入ってる貝もおいしい。それから、ジャガイモや
クルミ&キャペツのパンをはさんで肉料理に。
牛か鴨あたりを想像してたら、予想外にエゾシカのステーキ。
鹿かー。たぶん、人生で二度目。クセはなく、柔らかい身は
食べやすくて美味。ソースで、いい感じに上品にしてある。
そして最後のデザートは、おっきいモンブラン。大きいけど
甘すぎずふんわりなめらかなので、すっと食べられた。

atable3.jpg

atable4.jpg

飲物は、カクテルも多いけど、当然ワインが中心。
グラスワインだけで赤・白各4~5種。ボトルなら各十数種類。
ワインに詳しい人なら結構楽しめそうだし、わかんなきゃ
グラスでいろいろ飲んでみれば良し。ただ、飲み過ぎ注意。
コースの最後は、珈琲をはじめとしたソフトドリンクから選べる。
値段考えると量はしっかりあるし、おいしいし、雰囲気もいい。
気軽にワイン飲んで、おいしいものも食べたい時には
バッチリ。でも、やっぱ基本的には女性向けかなあ。

■a.Table/広島市南区京橋町8-12-2F[12:00~14:00、18:00~22:00]

Comments 0