c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tencoke.jpg

有名な少女漫画が原作らしいので、当然未読。
少女漫画って、逢坂みえこの『永遠の野原』くらいしか
読んだことないや。雲雀丘花屋敷。あ、『動物のお医者さん』が
少女漫画の範疇に入るなら、それもだ。
そんなわけで、何の前知識もなく見てきた。
小・中学校合わせて6人しかいない島根の田舎が舞台。
そこに東京からやって来た、ちょっとカッコよさげな男の子。
彼が来てからの日々を、主人公の女の子視点で描く。
近所の海に海水浴に行ったり、夏祭りに出かけたり。
ただただ、普通の日常の出来事が淡々と過ぎてゆく。
なのに、やたら切なく甘酸っぱい。
思春期の経験って、どんな些細なことでも眩しく輝いて、
その後の人生に大きく影響を与えるものなんだってことを
しみじみ思い知らされる。
この作品に出てくる人はみんな、謙虚で思慮深くって。
でも押しつけがましくなく。もちろん、人とうまくいかないことも
あるけど、急いで結論を求めず、ゆっくり修復していく。
田舎の景色と相俟って、汚れた心が浄化される錯覚を覚える。
東京から来た男の子も、ただ格好いいだけでなく、思春期の
生きた男の子の感じで好感持てるし。
そう。原作を知らなくても、キャスティングがハマってると感じる。
我が強くなく、さり気ないけど存在感はある。
人っていいな、ただ生活するだけですごいことなんだな
って、素直に思える良作。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/285-45207113