c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sushisho.jpg

広島で、結構有名なお寿司屋さん。
名前は聞いたことあったけど、高そうだから今までは
避けてましたが、今回行く気になったのは、『鮨や之里』の
大将がここで修業していたらしいから。
ちょっと緊張するけど、腹をくくって行って参りました。
店内は、思ってたより小さめ。奥に座敷があって、カウンターは
6~7人くらいしか座れなさそう。だからといって窮屈な
感じはなく、一席一席に余裕あり。客単価が高いのかなあ。
一品料理に関しては、メニュー表がちゃんとあります。
もずくや生トウモロコシ、とり貝の炙りから鮎の塩焼き、
うなぎの白焼き・蒲焼き、鯛のあら煮・骨蒸し、アワビの
塩焼き・バター焼きまで。とりあえず、泉州の水茄子と
お造りの盛り合わせを注文。おまかせで頼むと
アコウ、夜鳴き貝、ホッキ貝、シマアジ、穴子の5種。
アコウは既に塩と柑橘系らしきもので味付けされてて、
さっぱり爽やか。あと、脂ののったシマアジが旨い。

お酒はメニューを見る限りあまり種類が多くなく、
焼酎5種、冷酒3種、熱燗1種(亀齢)、梅酒・ゆず酒など。
ビールの後は、深く考えず富乃宝山の水割りにいったけど
お寿司屋さんだし、その後は熱燗に移行。
そして、握り。もちろん、おまかせで。
大将と、もう一人職人さんがいて、最初はもう一人の方が
握ってくれた。ヒラメにトロ、サザエ、穴子、玉子焼き、
アワビ、ウニ、芽ネギ。『之里』より、ややしっかりめの
握り方だけど、口の中で綺麗にほどけてゆく。
なんていうか、至福の時間。その後も白身を中心に
何貫か握ってもらったものの、無心で食べてたので
詳しいこととか覚えてない。とにかくおいしかった。
味のバランスだけで言えば、今まで食べた鮨の中でも
かなり好みの方(そんなに大した経験ないけど)。
ただ、ほどよい高級感と緊張感が漂っているため、
『之里』ほどリラックスするのは難しい。
もう少し経験重ねて、落ち着いた年齢になれば
ちょうどいいのかもしれない。
最後には、赤出汁や吸い物もあるけど、ここはあえて
茶碗蒸しで。大きめの器にたっぷり入った茶碗蒸しを
頬張りつつ、お金貯めてまた来られたらいいなと夢想する。

■鮨昇/広島市中区流川町2-24[18:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/282-c07d6977