c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sakanakrd.jpg

サントリーグルメガイドをぼんやり眺めてて
見つけたお店。一見、ちょっと高級っぽい和食屋さん。
胡町にある「てっぱん横丁」の脇の階段から入って
エレベーターで上がった2階にある。
店内はカウンター9席、掘り炬燵席が最大12名まで入れる。
カウンター内では、板さん二人がテキパキ働くのが見え、
あとは着物姿の女性がお皿運んだり、お酒出してくれたり。
なかなか落ち着いた感じのお店。
とりあえず、生ビールと刺し盛りを。
構成は、マグロ、ハモの湯引き、とり貝、帆立貝柱、サヨリ、
ヒラメ、ヒラマサ。ヒラマサの食感がすげえっす。
ぐにぐにで、旨みがあって、ずっと噛んでいたい。
他にメニュー眺めると、かなり多岐に渡っているのがわかる。
ノドグロや穴子、小イワシなど地の魚を焼いたり煮たり揚げたり
するのは序の口で、和牛ロース炙りや地鶏焼きから、ベタな
居酒屋メニュー(枝豆、うざく、冷奴、もずく酢など)に手羽先、
このわた、くじらベーコン、グラタン、クリームコロッケまで。
ご飯ものも、じゃこめし、わさびごはん、ウニごはん、稲庭うどん、
茶そば、おにぎり、お茶漬け、味噌汁、赤出汁…。節操ないくらい
多彩なメニューだけど、それほど待たずに提供してくれる。
野菜系も結構揃ってたので、冬瓜と焼き茄子のあんかけと
車海老・アスパラ・ブロッコリーの明太子和えを注文。
あんかけには、ウニとエビも入ってる。上品であっさりめの味付け。
あと、どのメニューも比較的分量が抑えめなので、一人客には
ちょうどいいかも。

お酒は、メニューにその時季おすすめの日本酒3種があるだけで
焼酎はないか聞いてみたら、カウンターの後ろの棚に一升瓶が
20本ほど。佐藤や富乃宝山等、メジャーなものが並ぶなか、
久しぶりに「くじらのボトル」を見つけたので、水割りで。
着物のお姉さんが作ってくれるんだけど、このねーさん
グラスが空く頃には、頼まなくても既に2杯めつくって
わんこそばみたいに次々出してくれるので、飲む銘柄を変える時や
もうお会計しようと目論んでる時は早めに一声かけないと
延々次のグラスがやってきます。飲みすぎ注意。
店主は、ながらく「ヒロコシグループ」で修業されてて
ようやく自分のお城が持てたそう。
物腰の柔らかい、人のよさそうな方でした。

■魚菜 黒田/広島市中区胡町2-12-2F[18:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/271-a6c3bd45