kuro score >>> cross core !!!

サイドカーに犬

sidecar1.jpg

(一応)芥川賞作家・長嶋有の短編の映画化。
個人的には、長嶋有の作品の中で一番好きだけど、竹内結子か…。
あんまり好きじゃないなあ、とか思いつつ見に行くことに。
場所は、横川シネマ。曽我部恵一のライブ以来。
というか、ここで映画見るのは、かなり久しぶり。
何年ぶりだろう。前に何を見たのか、まったく思い出せん。
『ノー・マンズ・ランド』? いや、あれはだいぶ前か。
んーー…まあ、いいや。
夏のある日、母が出ていった後にやって来たヨーコさん。
彼女と過ごした短くて、でも刺激的な日々を描く。
結構、原作に忠実な作り。特に主人公の子役の子は
なんか、無駄に巧い。宙をさまよう目線とか、
考え込む様子とか、地味な表情なのに、というか
地味だからこそ、やり方によっては嘘臭くなるけど
いい感じに役になりきってる。内向的な、確かに
どこかで見たことあるような小学生。
竹内結子も、案外ハマってた。でも、どっちかというと
現在の主人公を演じたミムラの方が好き。
あの役柄が好きなのか、彼女自身が好きなのか、と
問われれば、どっちもと答えるが。
ただ、最後の終わり方は原作の方が断然いい。
なんとも言えない切なさ、というかイケてなさが
あれほど愛おしく描かれた例は、他に知らん。

あと、樹木希林がすごくずっこい役で出てきます。
あれは、ずるいわ。

■長嶋有『猛スピードで母は』文藝春秋

Comments 0