kuro score >>> cross core !!!

misto

misto.jpg

映画館に行く途中、鷹野橋電停を降りてふと左手を見遣ると
花が飾ってあるお店が。花屋さんかな、と思いつつも
近くまで行ってみると、新規開店したばかりのイタリア料理店。
うーん、イタリアンか。正直、善し悪しがよくわからんが
この辺まで来ることって、あまりないから入ってみよう。
と、いうわけで、映画の後でふらっと寄ってみた。
ちなみに店名の“misto(ミスト)”は、イタリア語で
「混ぜ合わせ」や「盛り合わせ」という意味らしい。
前菜の盛り合わせは、Antipasto mistoって言うしね。

店内はこぢんまりとしてて、なんかかわいらしい雰囲気。
若い女性向けかなあ。メニューは今のところ、冷たい前菜が6種、
温かい前菜が8種、パスタが11種といった感じ。
シェフは以前、安佐南区の『PaPas Mamas』で働いていた
そうなので、多少、構成が似ているかも。
冷たい前菜は、盛り合わせを頼むとメニューのうちの
4種が盛り合わせ。この時はグリーンサラダとローストチキン、
トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、エビのマリネでした。
あっさりした味付けで、ほどよい分量。
ここで、生ビールからワインに切り替え。
ドリンクは、ビール以外にカクテル12種くらいと焼酎の芋・麦、
そしてイタリアワイン。ハウスワインが赤・白各1種でグラス450円。
ボトルワインは赤・白各4種で、2000~3000円程度。あと、
スパークリングワインが2種類。
一人で一本空けるとアレなので、グラスで。

温かい前菜からは、イイダコとイカ、ブロッコリーのガーリックソテー
と、豚ロースとホウレン草、トマトのモッツァレラチーズ重ね焼きを。
ガーリックソテーうめえ。ちょいピリ辛で、好きな味。
重ね焼きは濃いめの味で、酒がすすむ。ワイン3杯目。
パスタは、ペペロンチーノからカルボナーラ、クリームソース系、
トマトソース系、イカスミなど揃っていて、それぞれ700~800円程
とお手頃価格。悩んだ末、シメジとシイタケ、エノキの青じそバジリコ
ソースに。結構、お腹いっぱい気味だったけど、するっと入る。

他には、バゲットが2種(ガーリックとバター)あり。
デザートは、まだないみたい。今後に期待。
全体的に、わかりやすい味付けの、食べやすいメニューが多く
値段も手頃なので、数人で気軽に楽しめそうな感じでした。
ランチもあった気がするので、近場の人は一度行ってみては。

■cucina italiana misto
/広島市中区国泰寺町2-4-11[11:00~14:30、17:00~22:00]

Comments 0