c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics0705.jpg

ふと気づくと、今月山ほど漫画買ってる。
もう、いい大人なのに…なんて言葉には、耳を塞ぎます。
ここまできたら、たぶん死ぬまで買う気がする。
年金で買う、酒と漫画…イイネ!
行け行けどんどん、まんが道。
■ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』8巻 講談社
桐青戦決着。連載読んでるから内容は分かってるけど
やっぱおもれえ。さかのぼって、5巻から読み直し。
そういや、最近アニメ化されたらしいけど、広島では見られん。
おもしろいんだろうか(あと『もやしもん』もアニメ化とか)。

■若杉公徳『デトロイト・メタル・シティ』3巻 白泉社
クラウザーさんの出番少ない。根岸は少し空気読め。

■東和宏『ユキポンのお仕事』12巻 講談社
結構長寿連載になってきた、ヤンマガのネコ漫画。
ドラマになるって言うから、主人公(ネコ)はどうすんのか
と思ってたら、着ぐるみ…。そう来たか。

■カラスヤサトシ『カラスヤサトシ』2巻 講談社
誰もが、作者さえももう出ないと思ってた奇跡の続刊。
内容は相変わらず。ただ、ちょっと担当編集者ネタが
多すぎるなー。あ、作者も飽きてるっぽい。
でも、ネタ選ぶの担当だし…。

■河合克敏『とめはねっ!』1巻 小学館
『帯をギュッとね!』『モンキーターン』の作者最新作。
舞台は書道部。相変わらずニッチな題材だけど、
雰囲気は初期の『帯ギュ』を彷彿させる、いい感じの緩さ。
このまま、あまり恋愛方面に深入りしなきゃ、文句ないです。

■藤田和日郎『邪眼は月輪に飛ぶ』小学館
前述の『帯ギュ』と『うしおととら』は、私的サンデー作品
ベスト2なわけだが、今回、両巨頭がほぼ同時期に青年誌で
連載してた作品を上梓。フクロウが、キモカワイイ。
「こわい目が、くるよ」。設定がかなり無茶なのは
おもろいからいいとして、ちょっと説明過多なのが難。

■西原理恵子『できるかなクアトロ』扶桑社
■西原理恵子『サイバラ茸6』講談社
まあ、いろいろあるけど、とにかく元夫ネタは
泣きながら笑えます。あっちでも酒飲んでるんだろうか。

■桜玉吉『御緩漫玉日記』3巻 エンターブレイン
最終巻。また壊れてしまいました。
というか、年々酷くなってるような。
急がずに、ゆっくり治してほしい。
そう思う反面、ある程度壊れてないとおもしろくねー
とも思ってる残酷な一読者、ここにあり。

■グレゴリ青山『ブンブン堂のグレちゃん』イースト・プレス
旅行記や京都物でそこそこ名の知れた作者の
「大阪古本屋バイト日記」。一応書籍扱いなんだけど
中身は漫画。いわゆるコミックエッセイの類。
古本と言い、京都と言い、なんかこの人の作風には
「ドメスティック」という言葉がよく似合う。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/234-96c6d0ae