c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

gasahi.jpg

歩き疲れて『ガーデンあさひ』でひと休み。
そば食べた後だし、ちょっとだけにしようと思いつつ
うっかりタコライス。あと「ピンタコ」。
メニューには、タコとニンニクの酢漬けと書いてあったので
タコの酢の物に軽くニンニクスライスがのっかってるものを
想像してたら、出てきたのは、ごろごろニンニクとタコのかけら。
比率にして、タコ:ニンニク=2:8。ありえーん。
それほど臭いは強くなかったけど、気になってその後一言も
喋らず。ひとりだから、もともと喋る相手いませんが。
naajikaa2.jpg

さて。こういう離島にとって、最も重要になってくるのが
水の確保。昔は水道なんてなかったから、川で汲んだり
井戸を掘るしかない。そんな竹富島で、かつて一番の水量を
誇ったと言われるのが仲筋井戸(ナージカー)。
「カー」は沖縄で井戸のことを指す。
言い伝えでは、犬の尾が濡れていたことに気づいた飼い主が
その場を掘ってみたら水が出たので、感謝の意で犬の形に
井戸を掘ったという。試しに上からのぞき込んでみたけど
よくわからん。犬と言われれば犬のような…。

hanakunkaa.jpg

そしてもう一つ、島内で重要な井戸がある。島の北岸沿いにある
花城井戸(ハナクンガー)がそれだ。1984年、この周辺で
新里村遺跡が発見され、その中心に位置するところにあったのが
この井戸。新里村は12~14世紀頃の集落と見られており、
独特の様式の土器や壷の他、中国製陶磁器なども出土している。
考え方によっては、ここから竹富の村が始まったと言えるかも。
(カイジ浜では、もう少し古い時期の貝塚が見つかっている)

field1.jpg

ところで、なんで集落から遠く離れたこんなところまで来たか
と言うと、帰りも行きと同じ道ではつまらんし、と思い
美崎御嶽のある北岬をぐるっとまわって港に帰る途中、たまたま
通りかかっただけ。この道も見渡す限りの草原で、途中
牛が放牧されててのんびりした雰囲気を醸し出していたが、
こっちはそれどころじゃねえ。歩きすぎで疲れてるところへ
ここにきての暴風雨。歩いても歩いても先は見えず
帰れんかと思った。なぜ、意味のない無茶をするのか。

まあ、とにかく。一日ぐるっと島をまわってみて思ったのは
ゴミ一つ落ちてない、きれいな町だったということ。
あれだけ水牛車が何度も往復してるのに、糞の一片も転がってない。
松江でも思ったけど、町をこれだけきれいに保つには、日々
村中の人がよほど努力しないと無理だと思う。自分みたいに
何も考えず、呑気に足を運ぶ人間でも、せめて迷惑だけは
かけないよう気をつけてみた。ゴミは出しても持ち帰れ。
水牛の昼寝の邪魔しない。ネコは膝上、ナマコは海へ。

kitamisaki.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/205-246d3736