kuro score >>> cross core !!!

福岡はしご酒【wine bar編】

はしご酒といえば日本酒…と言いたいところですが
一週間前に行ったばかりの大阪で、燗酒の名店
回ったから、福岡ではワインバーめぐり。でも今回
一番行ってみたかった『ile』という警固のバーは
土日両日とも予約で満席という。次回に取っとこう。

tasogarebar1.jpg

『黄昏』
大名のマンションの一室にひっそり佇むワインバー。
以前伺ったシュウマイ酒場も、似た感じで営業してたけど
福岡ではこういう形態が流行ってるんだろうか。

tasogarebar3.jpg

お店の中は、こぢんまりとしたカウンターの他
テーブル席もあり。自然派中心というワインから
選んだのは、サンズ・オブ・ワインの白「Dharma」。
香りよく、ほのかな酸味が爽やかな一杯。お手頃な
つまみも何種類かあったので、ケークサレを注文。
ホウレン草やベーコン、チーズなどが入り、ほろほろと
素朴な風味がワインのあてにちょうどいい。あとは
赤(カンパーニュ・ド・ゴール シラー)も一杯追加。
ほどよい渋みと、ほのかな甘み&酸味のおかげで
さらさらと飲めてしまう。お店の隠れ家っぽい雰囲気も
居心地よく、のんびりとワインを楽しめたよ。

■黄昏/福岡市中央区大名1-7-10-2F[15:00~23:00]

mahorobaamber1.jpg

『魔灯路場amber』
大濠公園駅から歩いて数分。
一軒目に行ったお鮨屋さんからも近かったので
帰り際に立ち寄ってみた。『黄昏』が女性店員さん
二人だったのに対し、こちらは男性店員二人で営業中。
これまた自然派中心ということで、選んだのは
スペインのロゼ「Nas del Gegant」。深い香りに
フルーティ&瑞々しい味わいで、ついつい飲みすぎる。
うさぎのラベルもかわいい。お通しのナッツ片手に頼んだ
二杯目は、ウルヴァリンの爪跡をイメージしたボトルが
格好いい「ドメーヌ・ド・ヴィルヌーヴ ラ グリフ」。
複雑な旨みの中にジューシーさを湛える赤ワインで
締めにちょうどいい一杯でした。照明を抑えた店内は
ひとりでも落ち着いて過ごせて良かった。近々、広島の
お店とコラボイベントをするそうなので、興味のある方は
ぜひ(といっても、会場は福岡のようですが…)。

■魔灯路場amber/福岡市中央区大手門1-8-15[18:00~27:00]

mahorobaamber2.jpg

mahorobaamber3.jpg

Comments 0