kuro score >>> cross core !!!

鮨 料理 一高

ichitakass1.jpg

福岡初日の夜に伺ったお鮨屋さん。
宮崎の名店と関わりの深い大将が、大濠公園駅
近くの住宅街で、ひそやかに営業されています。

ichitakass2.jpg

店内は8席ほどのカウンターの他、その奥に個室仕様の
L字カウンターがあり、今回はその個室カウンターへ。
料理はコースなので、まずはビールから。銘柄は
「宮崎ひでじビール」太陽のラガー&金柑の2種類。
せっかくなので順番に頼んでみた。ラガーはキリっとした
苦みが心地よく、金柑は華やかな香り&微かな甘みがいい。

ichitakass3.jpg

料理の一品目は、隠岐の島産・松葉ガニの茶碗蒸し。
熱々の茶碗蒸しは寒い時期にありがたく、カニの身が
たっぷり入ってて優しい味わい。続いて、焼き立ての
玄米餅に伊勢海老の味噌塩辛をのせ、海苔で挟んだ一品。
この味噌が濃厚で、塩気とクセがやや強め。ビールより
お酒の方が合うかもと思い頼んだ冷酒は、「加茂錦」の
荷札酒、純米大吟醸 無濾過生原酒 備前雄町。綺麗な
米の旨みがまっすぐ伝わってくる、ジューシーな一杯。

ichitakass4.jpg

このお酒に合わせるかのように出てきたのは、ひらめの
お造り。熟成させてあるのか、もちもち食感の中に
瑞々しい甘みが広がって抜群。さらにここで赤身の握りと
ボラの手巻きが。銚子で揚がったまぐろは、綺麗な酸味と
甘みのバランスが見事な味わいでした。カラスミの方が
有名なボラは意外と言っては失礼だけど(笑)、炙ることで
しっとり優しく、香りも芳しくなってて美味しかった。

現在、ランチはお鮨以外に鰻も提供しているそうで
その蒲焼きが登場。表面香ばしくも、しっとり深い旨みが
とじ込められた一品。この後は、おこげの入った赤出汁に
蒸し蕪のお椀仕立てが出て、いよいよ握りへ。お酒は
燗酒をお願いすると、「丹沢山」を出してもらいました。

握りの一貫目は、漬けからスタート。
深い色合いの中に旨みが漂い、口内でとろけていく。
シャリはやや硬めで、酸味がすっきり軽快な印象。
続いて、アオリイカに、たいら貝。細かく包丁が入った
アオリイカは、もっちりとこりこりの狭間のような
食感で甘みも爽やか。さくさく軽やかなたいら貝も旨し。

ずっしり肉厚なアジは、上品な酸味が心地いい。そして
さわら。淡いピンクの見た目も美しく、しっとり、ふわりと
口の中で消えていく。ほんのりきかせた柚子の香りも
余韻を残し、この日食べた中では一番好みの一貫。

ichitakass5.jpg

とらふぐの白子は炙った後、器に盛ったシャリの上にのせ
箸で崩しながらいただく仕様。かなり大きめサイズの白子は
中からミルキー&クリーミーな旨みが溢れ出してきて
たまらない。これは冬の幸せですね。そして握りの最後は
車海老と穴子。これまた大ぶりで、むっちり甘い車海老が
特に食べ応えあって、美味しかったな。

ということで、料理とお鮨が堪能できるお店でした。
どうやら今は過渡期らしくて、事前に聞いてた話とは結構
変わってる部分があり、お値段的にいろいろ思うことも
ありましたが、基本的にはレベルの高いお店だと思います。
今後、より高い方向へ進化されることを期待しています。

■鮨 料理 一高/福岡市中央区荒戸1-2-2[12:00~13:30、18:00~22:00]

Comments 2

わぴこ  

自分も先日伺いました。
最近のトレンドに反して、大き目の握りでしたね。
福岡は鮨屋もホテルも年々値段上がって厳しいです。

  • 2020/02/13 (Thu) 00:48
  • REPLY
kuro  

もう行かれてたんですかー。早い(笑)
数年前まで福岡のお鮨屋さんといえば高レベル&お手頃価格で
最高だと思ってたんですが、もう東京等と変わらない感じに
なってきましたね…。もう少し落ち着くとありがたいんですが。