kuro score >>> cross core !!!

イントゥ・ザ・スカイ

theaeronauts.jpg

「空は開放されている―。」

1862年、ロンドン。
天気予測を実現するため、空へ向かうことを望んだ
気象学者ジェームズ・グレーシャー。彼は、かつて
気球飛行で夫を亡くし、空から離れていた気球操縦士の
女性アメリアとともに、高度10000m超の高みを目指す。
これは、実話をもとにインスパイアされた物語。

グレーシャーとその研究は実在の話だけど、アメリアは
創作されたキャラクターであり、エンターテインメントに
ぐっと振り切った本作。そのおかげか、煌びやかな衣装に
身を包んだアメリアが馬車の屋根上に乗って気球の発着場に
乗り込んでくるオープニングから、一気に引き込まれる。

ジェームズとアメリア。
二人の過去や背景は、ストーリーが進むにつれて
少しずつ明らかになっていく構成で、まずは気球に乗り、
飛び立っていく現在を見せたのが巧い。なぜなら、気球から
見える世界が圧倒的で、これこそが本作の一番の見所だから。

果てしなく広がる大地と、眩い光が包み込む空。
その空に吸い込まれていき、さらに荒れ狂う積乱雲をも
越えた先に現れた、純粋な青と白だけが存在する世界。
それまでの轟音が嘘のように、一瞬無音になる演出も
相俟って、その静寂と映像の美しさに、心が震えてしまう。

映像が凄まじい分、ストーリー自体はシンプルに
仕上げてあり、主人公二人にぎゅっと凝縮。主軸は二人の
挫折と再生。地上では、ヴィクトリア様式の重厚な建築や
ファッションに囲まれ、下ばかり見ていた二人が、空の世界では
身一つで晴れやかに、軽やかに行動していたのが印象的。
その気球シーンでは基本的に、狭いバスケットの中だけが
舞台なんだけど、トラブルが起きてアメリアが「外」に
出てからは、もうゾワゾワする展開に。高度10000mで
球皮(風船部分)によじ登るという気が狂うような行動を
臨場感満載で描くもんだから、見てる方も死ぬかと思った(笑)

とにかく、空の美しさと怖ろしさを、これほど端的かつ
見事に映像に落とし込んだ作品は、稀少だと思う。
是非とも、大きなスクリーンで見てほしい一本。

intothesky.jpg

Comments 0