kuro score >>> cross core !!!

ジョジョ・ラビット

jojorabbit.jpg

第二次世界大戦下、ドイツ。
ヒトラーをイマジナリーフレンドに持つ少年ジョジョは
ヒトラーユーゲント(青少年団)の合宿で、命令通りに
うさぎ一匹も殺すことができず、ジョジョ・ラビットという
不名誉なあだ名を付けられる。しかし、脳内のヒトラーに
励まされ、名誉挽回のためにも、手榴弾投擲訓練に勢いで
飛び込んでいくが、結果、大けがを負ってしまうのだった。

一見ナチスに傾倒しているように見えても、性根の
優しさが隠し切れない少年が、実家の隠し部屋に
匿われていたユダヤ人の少女と偶然出会ったことから
ストーリーは大きく動き始める―。

映画を見る前の印象だと、空想上の友人・ヒトラーの存在が
大きくて、彼が大々的に取り扱われるのかなと思ってたけど
実際は彼の出番はあまりなく、むしろユダヤ人の少女との
触れ合いの方がメインとなっている。その過酷な状況ゆえ
常に無表情で言葉も態度も厳しいが、彼女もまたジョジョと
交流を続けるうちに、本来の優しさや可愛らしさが
滲み出てしまうのが愛おしかった。それ以外にも味のある
キャラクターが多くて、茶目っ気がありつつも愛が深く
凛々しいジョジョの母親も良かったし、あとはやっぱり
隻眼のクレンツェンドルフ大尉。青少年団の教官でありながら
威厳がなくて、どこかいい加減で大雑把。でも話が進むにつれ
父親のいないジョジョにとって良い父、いや、兄に見えてくるし
最終的には滅茶苦茶愛情のあるいい人じゃん…って泣きそうに
なるという。なんか、この人に全部持っていかれた感があるな。

コメディの体裁を取ってはいるけど、二次大戦終盤の
ドイツを描いているため、苦く切ない展開を迎える本作。
それでも、最後はほの明るい未来と希望を少しだけ
見せてくれたおかげで、鑑賞後はあたたかな気持ちになれたよ。

Comments 0