kuro score >>> cross core !!!

RICA食堂

ricasyokudou.jpg

今月、広島駅西(エキニシ)に新しくできたばかりの
料理と日本ワインのお店。『ドラキチ』や『ayase』が
並ぶ通りの入口近くに、店の明かりが灯っています。

ricasd2.jpg

エキニシらしくこぢんまりとした店内は、カウンターが
5席。2階にも席はあるみたいだけど、今のところは
使ってないようです。席に着いて早速メニューを見ると
グラスワインは広島をはじめ山梨や北海道、山形など
日本各地のワインがラインナップ。ボトルワインだと
さらに種類は増えます。この中から、まずは四恩醸造の
向日葵(ロゼ)。キリっとしつつも柔らかさのある味わいが
心地いい。料理は、当日のオススメや肉料理の他
定番のおつまみが20種近く準備中。このおつまみは
盛り合わせで5種盛りと10種盛りでも頼めるので
ここは思い切って、10種盛りを頼んでみた。

ricasd3.jpg

その内容は、人参ラペ、柿の白和え、菜の花の辛子和え、
長芋コンフィ・粒マスタード、トマトの黒オリーブ和え、
白ねぎのマリネ、アンチョビポテト、ブロッコリーの
アンチョビ和え、きのこのマリネ、自家製豆腐の10種。
見事に野菜尽くしとなったおつまみは、どれも優しい
味付けで、ちょこちょこつまみながらワインを飲むのが
楽しい。なかでも、クミン風味の人参ラペと、さくさく
食感が爽やかな長芋コンフィ、ほどよい塩味がクセになる
ポテト&ブロッコリーのアンチョビコンビが好みでした。

ワインは、果実味溢れる四恩醸造のカサブランカ(白)に
替えたところで、お隣の方からブーダン ノワールを
お裾分けしてもらったので(ありがたい!)、さらに
北海道ワインのツヴァイゲルト(赤)も追加。クセが
ほとんどなく、上品仕上げのブーダン ノワールに
ほんのりスパイシーなこの赤がよく合ってたよ。

ricasd4.jpg

そして最後はやはり地元産だろうと、広島三次ワイナリーの
TOMOE 木津田ヴィンヤードを選択。これに合わせたのは
カブのローストと、トリッパのトマト煮込み。この赤が
まろやかな甘みと、ころころ転がるような喉越しで、すごく
好みのタイプでした。うまー。これで勢いついちゃって
くらむボンボン あじろんも追加。とろり濃厚でかなり
甘みが強いんだけど、これが意外と後を引く美味しさでした。

ということで、野菜を中心とした多彩&お手頃な料理を
つまみつつ、日本のワインを楽しめる良いお店でした。
もちろん野菜だけではなく、ローストビーフや蒸し鶏、
鴨のスモークなどの肉料理や、チーズも揃っており
さらに来月以降はもう少しメニューも増えるそうなので
これからちょこちょこ顔を出せたらなあと思います。

■RICA食堂/広島市南区大須賀町11-4[17:00~24:00]

Comments 0